ド底辺サラリーマンの夢の叶え方

ブレない自分を作るために一番大切なこと【ひとりの時間が人生を豊かにする】


Hatena

ブレない自分の作り方

ども!

ド底辺サラリーマンのけんいちです。

 

人それぞれ考え方や価値観において、自分の軸というものがあるかと思います。

 

「人との繋がりを一番大切にする」

「楽しいことでお金を稼ぐ」

「ひとりの時間を作る」

などなど。

 

ただ、日々忙しかったりすると、「自分の大切にしているものは何か?」ということを忘れがちになったりします。

 

そんなとき、ブレない自分を作るために一番大切なたったひとつのことがあります。

 

これを意識していけば、自分の軸に沿った行動ができるようになります(^^♪

 

 

 (約4分で読めます)

 

ブレない自分を作るためには「ひとり会議」をしよう

会議


 

 

僕は普段はサラリーマンとして働いているのですが、将来は、コーチングを職業として独立したいと考えております。

 

心理学やコーチングを勉強中で、他にもこのブログの毎日更新や株のトレードをしているので、本職以外にもやりたいことはたくさんあるんです。

 

しかし、日々、本職のサラリーマンの仕事に時間を取られてしまうと、自分の今月の目標だったり、自分が一番優先したい軸を忘れてしまったりして、1カ月過ぎてみて結局「目標達成できなかったなぁ。。」ということが多々ありました。

 

「年始に目標や抱負を出したけど、結局半分もできずに一年終わってしまった・・・」

 

なんて経験した方も多いのではないでしょうか。

 

今回、そんな方にオススメなのが『ひとり会議』です。

 

これは僕の尊敬している人に教えてもらったのですが、ひとりで自分と向き合う時間を作ることです。

 

 

一年の目標を立てたって、一カ月の目標を立てたって、日頃意識しないと絶対忘れてしまいますよね。

 

そのために自分の軸や価値観を確認する『ひとり会議』をオススメします。

 

具体的には下記のようなことをしています。

 

・自分はどのような人生にしたいか?

・どんな毎日を過ごしたいか?

・仕事とプライベートはどれくらいの割合にしたいか?

・どんな人と一緒にいたいか?

・お金はどの仕事でどれくらい稼ぎたいか?

・趣味にどれくらいの時間をあてたいか?

 

上記は僕の一例なので、項目はなんでもいいと思います。

 

 自分の中で大切にしていることは人それぞれ違うからです。

 

・仕事

・家族

・娯楽

・お金

・健康

 

それぞれ人が大切にしている価値観は違います。

 

それぞれの価値観に伴った、項目を設定するといいです。

 

なるべく質問形式で、自分に問いかけるんです。

 

これをなるべく毎日やりましょう。

 

僕も1年の目標、1カ月の目標、1週間の目標は毎朝15分ほど確認し、復唱しています。

 

 

自分の価値観への問いかけを毎日おこない、自分の軸を確認していると、脳に刷り込まれていきます。

 

そうすると、その軸が自分の血肉となり、その軸に沿った行動ができるようになります。

 

 

なぜひとりの時間が良いのか

 

ひとりで考える

なぜ、ひとりの時間がいいかというと、普段は他の人と接触しているからです。

 

自分だけのことを考えるためには、ひとりでいることが大切です。

 

人といると、どうしても、その人の影響を受けたりしてしまいます。

 

 

例えば、僕はサラリーマンなので、仕事で一緒にいるのは、皆サラリーマンです。

僕の将来やりたいことでもある、コーチングをしている人なんかいません(笑)

 

そんな人たちといると、サラリーマンとしての価値観、軸、考え方に自然と触れていくのです。

 

僕にとってそれは本職なので、悪いことではないのですが、『サラリーマンの考え方』だけが浸透していくと、自分の本当にやりたいことを見失いがちになるのでよくありません。

 

人間は、普段接している人の価値観に影響されていくのです。

 

 

自分だけの時間を1日15分でいいので作りましょう。

 

そうすると、本当にやりたいことが見えてきます。

 

 

ブレない自分の軸を作ろうとしたときに陥りやすい失敗

 

失敗,落ち込む

自分のやりたいことや軸を考えるときに、陥りやすい失敗が2つあります。

 

やりたいことを職業で考えること

やりたいことを職業で考えることはオススメできません。

 

例えば、「先生」「医者」「YouTuber」「作家」などなど。

 

その職業になって何をしたいのか?が重要です。

 

僕も「コーチング」という職業で独立したいと先ほど書きましたが、やりたいことは「自分という存在を通して、人が前向きに人生を歩んでいけるようになるお手伝いをしたい」ということなんです。

 

なので、もしかしたらそれは「コーチング」という仕事ではないことで、実現しているかもしれません。

 

 

職業だけでやりたいことや価値観を考えてしまうと「先生はこうあるべきだ」とか「作家はこうあるべきだ」という固定観念にとらわれてしまうことがあります。

 

また、自分の価値観や軸は日々修正したり、アップデートしたりするものなので、職業で考えてしまうと、もう修正がきかなくなってしまうことが多くあります。

 

「先生」になりたい人がもしどうしても先生として働けない事情が出来てしまったら、もうどうにもならないですよね。

 

でも、それを「先生」という職業ではなく、「子どもが将来自分の好きなように生きていくためのサポートをしたい」という軸で考えていれば、先生以外にも実現する方法を考えることができます。

 

職業のみで考えると、視野が狭まってしまいますのでNGです。

 

 

どうやってやるかを考えること

自分の将来の夢に対して、最初から「どうやってやるか」と考えることも失敗しやすい要因になります。

 

 

最初からどうやってやるかを考えてしまうと、

「これをしなければいけない」

「自分にはこれが足りない」

など、「○○ない」という否定形で物事を考えるクセがついてしまうからです。

 

否定形で物事を考えるクセがついてしまうのは、非常に良くないことです。

 

自分の夢から遠ざかってしまいます。

 

「自分はできないんだ」というマイナスな思考になってしまうからです。

 

 

 

補足:やりたいことが見つからない人がするべきこと

 

ブレない自分を作るために、自分の価値観や軸を確認する「ひとり会議」を紹介しました。

 

これは毎日繰り返すことをオススメします。

 

朝の静かな時間が最適ですね。

 

 

また、「そもそも自分のやりたいことがわからない!」「自分の軸が見つからない!」という人は、下記記事を読んでいただけると嬉しいです(^^♪

www.kkenichi.com

 

自分のやりたいことを見つけるコツを書いています。

 

 

 

ひとりでも多くの人がブレない自分を手に入れて、人生が豊かになることを祈っています。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

ではまた。

ざす。