ド底辺サラリーマンの夢の叶え方

https://webplatform.github.io/docs/html/elements/head

まだ見ぬ世界と自分に出会えるブログ

心が軽くなる心理学やオススメの本や映画を紹介しています。

【小説】『ハサミ男』のネタバレ無し感想。絶対ダマされるミスリードの傑作


Hatena

ブログタイトル

『まだ見ぬ世界と自分に出会えるブログ』へようこそ。

ライフコーチ、会社員、Kindle作家と三足の草鞋を履いている小泉健一と申します。

 

このブログではライフコーチの観点から心が楽になる考え方をシェアしたり、大好きな本や映画の紹介をしたりしています。

このブログを通して知らなかったコトやモノに出会え、新たな世界が開けるかも?!

 

 

本記事はオススメ本の紹介です!

僕は読書が大好きで、年間100冊ほど、ビジネス書や歴史書、哲学、文学、小説など雑食で読んでいます。

 

 

今回紹介する本はコチラ!

 

 

 

叙述トリックミステリーの最高傑作!

 

叙述ミステリーのなかでも傑作と人気の殊能将之さんの著書。残念ながら殊能さんは亡くなってしまったのですが、今だなお人気の作品です。

 

叙述ミステリーとは、読者の先入観を利用して表現をぼかしミスリードを誘う手法のミステリーです。

 

この作品は伏線とどんでん返しが凄いです。

 

「そうきたか!」というより「え?え??どゆこと??」と頭の理解が追いつかずにいきなりビンタされたような衝撃。

 

ぜひこの驚きを味わっていただきたい。

 

それでは早速、ネタバレ無しで中身についてご紹介しますね。

 

 

◆本書はこんな人にオススメ!
✔『ハサミ男』のあらすじをネタバレ無しで知りたい
✔『ハサミ男』のネタバレ無しの感想を読みたい
✔どんでん返し・叙述ミステリー・ミスリードが好き
 
 

 

(約5分で読めます) 

『ハサミ男』のネタバレなしのあらすじ   

読書

 

以下、Amazonからのあらすじの引用です。

 

美少女を殺害し、研ぎあげたハサミを首に突き立てる猟奇殺人犯「ハサミ男」。3番目の犠牲者を決め、綿密に調べ上げるが、自分の手口を真似て殺された彼女の死体を発見する羽目に陥る。自分以外の人間に、何故彼女を殺す必要があるのか。「ハサミ男」は調査をはじめる。精緻にして大胆な長編ミステリの傑作! 

 

 

『ハサミ男』を読んだ感想と見どころ

読書


 

これぞミスリードの傑作!

 

叙述ミステリーの傑作と言われてますが、まさに!という感じで先入観にまんまと引っかかります。

 

途中でタネ明かし&どんでん返しがあるのですが、「あー!そういうことか!」という感じではなく、「え?え??どゆこと?」って頭が混乱すると思います。

 

僕もそのシーンでは何回も何回もページを行ったり来たりしていました。

 

驚きと興奮が味わえるミスリードの傑作です。

 

この作品はタネ明かしされたあとで、また読み返して伏線を探したくなる作品。

 

 

 

無駄がなくテンポも良い

 

これはあくまで読んだ僕の主観での感想ですが、無駄がなく読みやすかったと感じました。

 

余計な心情描写などもなく、淡々と物語は進み、淡々と描かれているからこそ読者に先入観を持たせやすいのかなとも思いました。

 

後半はページをめくる手が止まらなかったです。

 

この作品が語り継がれる理由がわかります。

 

 

 

『ハサミ男』を読んだ方の感想

 

僕の感想だけではなく、多くの意見をご紹介したいので、Twitterで検索して見つけた読了した人の感想を貼り付けておきます。

 

 

 

 

 

 

『ハサミ男』が好きな方にオススメの作品

 

最後に『ハサミ男』を読んで面白いと思った方にオススメの本を紹介します。次に読む本として参考にしてください。

 

 

 

『十角館の殺人』

 

ミステリー作家の綾辻行人さんのデビュー作。

 

30年以上前に出版されこれまで100万部以上売れている超人気作。

 

まだ未読の方はぜひ。

『ハサミ男』と同じようにミスリードが光るミステリーです。

 

ある凄惨な事件が起きた館にミステリー研究会サークルの大学生6人が訪れますが、そこで殺人事件が起きてしまいます。

 

身内が犯人かと疑うも、数年前に起きた事件との繋がりも見えてきて、誰が犯人なのか最後まで惑わされます。

 

未だに人気の高いミステリー作品の傑作です。

 

こちらの作品は以下の記事でネタバレ無しであらすじと見どころを紹介していますので気になった方はぜひ。

 

 

『美濃牛』

 

殊能将之さんの別の作品です。

 

探偵の石動(せきどう)という人物が出てくるのですがこれはシリーズ化されています。

 

ある鍾乳洞のなかには恐ろしい牛鬼がいると言い伝えられており、変死体も発見される事件が起きる。

 

古今東西の書物からの引用がキーワードになっていたり、知的な好奇心も刺激される本。

2022年6月現在Kindle Unlimitedでも読めます!

 

 

 

『殺戮にいたる病』

 

こちらは叙述ミステリーとしての人気作。

 

人をいとも簡単に惨殺するサイコパス殺人鬼の男が主人公。彼はなぜ殺戮に至るのか?

 

殺人犯とその母と元警察の3人の視点が交互に描かれラストには衝撃の結末を迎えます。

 

サスペンス要素の強い『ハサミ男』が好きならこちらも読んでおきたい一冊。

こちらも2022年6月現在Kindle Unlimitedでも読めます。

 

 

 

 

以上、小説『ハサミ男』のネタバレ無しのあらすじと感想の紹介でした(^^)

 

 

読書好きには、Kindle Unlimitedがオススメです。

月額980円で12万冊くらいの本が読み放題! まだ登録されていない読書好きの方はぜひ。

 

 

 

 

 

 

最後に僕が提供してるサービスの紹介です。もし体験したい方がいらっしゃったらお気軽にお問い合わせください!

①ライフコーチング

「今の自分を変えたい!」「成長したい!」「もっと気楽に生きられる考え方を身につけたい!」

そんな方に向けてコーチングセッションを提供中。対話を通して夢の実現をサポートします。

コーチングってどんなことするのかということや無料体験セッションなどもしていますので、お気軽にご連絡くださいませ(^^♪

料金や空きなどは、変動することもあるため直接お問い合わせください。

 

 

②読書代行×コーチング

「本を読んで勉強したいけど、時間がない!」「読書を最大限活かしたい!」

そんな人に向けたサービスです。コーチングであなたのビジョンをお聞きします。

そしてあなたのビジョンに沿った本を選び(もしくは読みたい本を教えてください)、僕が代わりに読書して、そのビジョンに役立つところを意識して要点をまとめてプレゼントいたします。

僕は年間100冊くらいは本を読んでまして、このブログで要約記事も書いていて、読書と要約は得意です。多忙な働く人のためのサービスです!

 

 

それぞれお問い合わせはお気軽にご連絡ください!連絡先→g4n0323@gmail.com

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

ではまた。

ざす。