ド底辺サラリーマンの夢の叶え方

なぜ『思考は現実化する』のか超わかりやすく説明します。


Hatena

ども!

 

ド底辺サラリーマンのけんいちです!

 

 

自己啓発書でも有名なナポレオンヒルの『思考は現実化する』という本があります。

 

 

そのタイトル通り、『自分が考えていることが現実になる』ということが書かれています。

 

 

「思考=考えていることは現実化する・・・」

 

 

ということは、「夢を実現させるためには夢が叶ってるところを考えればいいだけ?」

 

 

 

 

答えはイエスです。

 

 

 

この『思考は現実化する』は大ベストセラーで自己啓発書の原点とも言われている本なので、この言葉自体は聞いたことある人も多いかと思います。

 

 

 

でも、『考えてりゃそれが現実になる』ってどういうこっちゃ?!って感じですよね。

 

 

 

でも、思考は現実化するというのは僕も確信を得ています。

 

 

そのロジックを超わかりやすく説明いたします。

 

 

ナポレオンヒルの著作の要約ではございませんのであしからず。

 

 

詳しく知りたい人は、本を読んでください(笑)

 

 

 (約3分で読めます。)

 

思考は現実化するってどういう意味?

 

窓を眺めて考える男性

 

考えていたことが現実になる。

 

 

人間の行動のスタートって何かというと思考ですよね。

 

 

考えることなしには行動できません。

 

 

箸を取ろうと思ったから手を伸ばす。

喉が渇いたと思ったから水を飲む。

あの子が好きだと思ったから告白する。

 

 

どんな行動も思考から始まるんです。

 

 

なので、何か達成したいことがあるのなら、まずは考えることをしないといけません。

 

 

当たり前ですよね。

 

 

「でも、自分の夢を叶えたいって考えてるけど、叶ってないよ!」と言う人もいるかもしれません。

 

 

 

結論を言いますと「夢を叶えたい」って思ってる時点では叶いません。

 

 

 

思考というのは、自分の考えていることが強く意識されてそれについてにしか行動が及ばなくなるんです。

 

 

どういうことかというと、

「夢を叶えたい」って思ってるということは現時点で夢は叶ってはいませんよね。

 

 

すると、

『自分は夢が叶えられていないんだ』という意識が根底に潜在意識として出来てしまっているのです。

 

 

『俺、夢叶えられてねぇわ〜』って。

 

 

 

たとえば、「今の仕事が嫌だから抜け出したい」と考えている人がいたとして、それも『今の仕事が嫌だから抜け出したいけどなかなかできない』と思っていることと同じ状態なんです。

 

 

 

これでは夢は叶いません。

 </p

 

 

 

夢が叶ってなかったり、仕事を辞められてなかったりすることが思考として頭にあるので、叶わない現実が現れるんですよね。

 

 

 

自分は夢が叶ってないんだという意識があると、それに伴った行動しかできません。

 

 

たとえば、転職したいのなら転職活動はするでしょう。

 

 

でもどこかで『いい仕事見つかるかな』『果たして私にできるのだろうか』という潜在意識があります。

 

 

すると思い切った行動ができなかったり、転職活動が良いところまで進んでも『今の生活を変えても本当に大丈夫だろうか?』とかブレーキが掛かってしまいます。

 

 

『〜〜したい』という状態は、『〜〜はまだ出来てない』ということとイコール。

 

 

自分にはできるのだろうかという意識があるのと同じことなのでそれがメンタルブロックとして働いてしまうのです。

 

 

 

 

 

思考は現実化するために行動するべきこと

太陽の前で手を広げる人


 

 

思考は現実化するために行動するべきことは、

『夢が叶っている』と現在進行形のイメージを強くすることです。

 

 

『夢を叶えたい』と思っている時点ではまだ『夢が叶っていない』という方に意識が向いていしまっていると書きました。

 

 

ということは、『夢は叶っている』と考えちゃえばいいんです。

 

 

「夢が叶っていないのに夢が叶っているという風に考えるってどういうことやねん!」と思う方も多いと思います。

 

 

でもその思い込みってものすごく大事なのです。

 

 

脳みそというのは単純で、頭で考えていることは現実で起きていることなんだと思い込むんです。

 

 

ですので自分の夢が叶っているところを強くイメージしましょう。

夢が叶っている自分は何をしていてどういう気持ちでいるのかよりぐ具体的に。

 

 

それを紙に書きだしたり、誰かに話すのが効果的です。

 

自分の夢が叶っているところがより具体的にイメージできると、『夢を叶えて目標達成していることが自然だ』と考えられるようになるので、行動や決断も早く正確にできるようになるのです。

 

また、言動も変わってきます。

 

転職したいという人が「転職して自分の理想の仕事に就いている」ことが明確にイメージできて、そう考えていると「○○の仕事をするときには~~が必要なんだよね」と、もう新しい仕事に関しての話題を会話するようになり、「だったらこの人紹介するよ」と自分の夢への一歩に近づく助言を周りの人からいただけたりするのです。

 

 

これが『思考は現実化する』のロジックだと思います。

 

 

整理すると、

①夢は叶っているものだと思い込む

②自分の意志が変わり、決断も早くなる

③自分の言動が変わる

④変わった自分に合わせて周りも変わってくる。

⑤自分の強い意志と周りの支えにより、自分の夢へ一歩近づく

という順序になります。

 

 

 

 

達成していないものを想像するのは難しいですが、達成したあとの自分はどういう感情でいれ誰と一緒にいてどのように過ごしているか想像するのです。

理想でもいいです。

 

 

 

自分で考えているものが現実として現れてくるんです。

 

まだ欲しがっているようではダメ。

それは「今はないけど(できないけど)」という裏の意識があります。

 

 

自分は夢を叶えて目標を達成しているということを強く考え、紙に書き出したり誰かと話したりして意識を強めていきましょう。

 

 

意志がつよくなれば、必ずその考えていることは現実にできます。

 

 

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

ではまた。

ざす。