ド底辺サラリーマンの夢の叶え方

https://webplatform.github.io/docs/html/elements/head

まだ見ぬ世界と自分に出会えるブログ

心が軽くなる心理学やオススメの本や映画を紹介しています。

【小説】『変な絵』のネタバレ無し感想。話題の雨穴さんの新作!


Hatena

ブログタイトル

『まだ見ぬ世界と自分に出会えるブログ』へようこそ。

ライフコーチ、会社員、Kindle作家と三足の草鞋を履いている小泉健一と申します。

 

このブログではライフコーチの観点から心が楽になる考え方をシェアしたり、大好きな本や映画の紹介をしたりしています。

このブログを通して知らなかったコトやモノに出会え、新たな世界が開けるかも?!

 

 

本記事はオススメ本の紹介です!

僕は読書が大好きで、年間100冊ほど、ビジネス書や歴史書、哲学、文学、小説など雑食で読んでいます。

 

 

今回紹介する本はコチラ!

 

 

 

絵にまつわる事件の真相とは?

 

SNSやオモコロというサイトでも話題になった雨穴さんの著作。

 

前作『変な家』が大ヒット。

 

前回は不思議な間取りの家にまつわるオカルトホラーでしたが、本作は本格ミステリー作品でした。

 

めちゃくちゃ面白かったので感想をシェアします!

 

 

それでは早速、ネタバレ無しで中身についてご紹介しますね。

 

 

◆本書はこんな人にオススメ!
✔『変な絵』のあらすじをネタバレ無しで知りたい
✔『変な絵』のネタバレ無しの感想を読みたい
✔ミステリーやオカルトホラーが好き
 
 

 

(約5分で読めます) 

『変な絵』のネタバレ無しのあらすじ   

読書

 

以下、Amazonからのあらすじの引用です。

 

あなたも、何かがおかしい9枚の絵の「謎」が解けますか?

とあるブログに投稿された『風に立つ女の絵』、消えた男児が描いた『灰色に塗りつぶされたマンションの絵』、山奥で見つかった遺体が残した『震えた線で描かれた山並みの絵』……。
いったい、彼らは何を伝えたかったのか――。9枚の奇妙な絵に秘められた衝撃の真実とは!?

その謎が解けたとき、すべての事件が一つに繋がる! 今、最も注目を集めるホラー作家が描く、戦慄の国民的スケッチ・ミステリー!

 

『変な絵』を読んだ感想と見どころ

読書


 

すべての話が繋がる!

 

4章に分かれ、それぞれに とある絵が紹介されます。章ごとに登場人物も違うのですが、やがて伏線を回収するように全てが繋がっていきます。

 

ミステリー小説を読んでいるようなワクワク感があります。

 

どちらかというと前作は作者本人が体験したかのようなドキュメンタリータッチで描くモキュメンタリー調の作品でしたが、今回はガッツリミステリーでした。

 

ミスリードや伏線もあったりととても面白かったです。

 

 

謎解きが楽しい

 

たくさん情報があったり、登場人物がいたり、さまざまなパーツを集めながら、謎解きが出来るのが楽しいです。

 

 

ただ、登場人物が多すぎて、ちょっと難しい…笑

僕も何回かページを戻ったりしてました。

 

たくさんある情報を整理しながら読んでいくとより楽しめます。

 

 

『変な絵』を読んだ方の感想

 

僕の感想だけではなく、多くの意見をご紹介したいので、Twitterで検索して見つけた読了した人の感想を貼り付けておきます。

 

 

 

 

 

 

 

『変な絵』が好きな方にオススメの作品

 

最後に『変な絵』を読んで面白いと思った方に、オススメの本を紹介します。次に読む本として参考にしてください。

 

 

『変な家』

 

雨穴さんの前作です。

読んでない方はぜひ。僕は個人的にはこちらの前作の方が面白かったです。

 

SNSでも話題になった雨穴(ペンネーム)さんの著作。

 

一見普通の家の間取りかと思いきや、あるはずのない場所が浮かび上がり、そこからその家族の恐ろしい秘密が明らかになっていくというオカルトホラー。

 

フィクションではありますが、ノンフィクションっぽいストーリーでかなり引き込まれて一気読みしてしまいました。

 

幽霊が出るようなものではなく、不気味なオカルト系ホラーが好きな方にオススメ。

 

 

こちらの作品は以下の記事でネタバレ無しであらすじと見どころを紹介していますので気になった方はぜひ。

 

 

 

『白鳥とコウモリ』

 

超人気ミステリー作家 東野圭吾さんの作品。

 

一見関係のない過去と現在の事件がつながっていくストーリーです。

 

ある弁護士が殺害される事件が起き、容疑者だった1人の男が「私がやりました」とあっさりと自供。

 

ただ、加害者と被害者のそれぞれの子供はどうしても親の行動が納得できず、独自で事件を調べていきます。

 

すると30年前のある事件に繋がっていく、という話。

すべてが繋がった時は衝撃です。

 

ふたつのストーリーが繋がる展開は伏線回収の王道ですね。本作品もオススメです。

 

『白鳥とコウモリ』は僕のブログでもネタバレ無しであらすじと感想を書いてます。もし良かったらぜひ。

 

 

『あの日、君は何をした』

 

 

個人的にオススメのまさきとしかさんのサスペンス作品。ラストのどんでん返しと伏線回収が凄いです。

 

幸せな一家に悲劇が起きる。

息子の大樹は夜中に一人で夜道を自転車で走っていたところ、そのとき起きた事件の容疑者に間違われ、警官に追いかけられたところトラックにはねられて事故でなくなってしまう。母親は絶望する。

 

そこから時は流れて15年後。またある事件が起きるのですが、15年前の未解決の事件と共通点がたくさん出てくるのです。

 

一体、15年前の殺人事件の犯人は誰なのか。

今回の事件と関係あるのか。

そもそも15年前、息子の大樹はなぜ夜中にひとりで出かけたのだろうか。

 

 

「あの日、君は何をした?」

 

 

その理由がわかったとき2つの事件も共通点と真相が明らかになります。

 

まさきとしかの作品の中でヒットした極上ミステリー。

 

本作品も僕のブログでネタバレ無しであらすじと感想を書いてます。もし良かったらぜひ。

 

 

以上、小説『変な絵』のネタバレ無しのあらすじと感想の紹介でした!

 

 

読書好きには、Kindle Unlimitedがオススメです。

月額980円で12万冊くらいの本が読み放題! まだ登録されていない読書好きの方はぜひ。

 

 

 

 

 

 

 

最後に僕が提供してるサービスの紹介です。もし体験したい方がいらっしゃったらお気軽にお問い合わせください!

①ライフコーチング

「今の自分を変えたい!」「成長したい!」「もっと気楽に生きられる考え方を身につけたい!」

そんな方に向けてコーチングセッションを提供中。対話を通して夢の実現をサポートします。

コーチングってどんなことするのかということや無料体験セッションなどもしていますので、お気軽にご連絡くださいませ(^^♪

料金や空きなどは、変動することもあるため直接お問い合わせください。

 

 

②読書代行×コーチング

「本を読んで勉強したいけど、時間がない!」「読書を最大限活かしたい!」

そんな人に向けたサービスです。コーチングであなたのビジョンをお聞きします。

そしてあなたのビジョンに沿った本を選び(もしくは読みたい本を教えてください)、僕が代わりに読書して、そのビジョンに役立つところを意識して要点をまとめてプレゼントいたします。

僕は年間100冊くらいは本を読んでまして、このブログで要約記事も書いていて、読書と要約は得意です。多忙な働く人のためのサービスです!

 

 

それぞれお問い合わせはお気軽にご連絡ください!連絡先→g4n0323@gmail.com

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

ではまた。

ざす。