ド底辺サラリーマンの夢の叶え方

https://webplatform.github.io/docs/html/elements/head

ド底辺サラリーマンの夢の叶え方

ライフコーチの僕が心が軽くなる心理学についての記事を書いています。また、読書と映画鑑賞が趣味なので、面白かった本や映画も紹介しています。

【極上の癒し】ハンバートハンバートのオススメ曲10選!【最新版】


Hatena

ブログタイトル

ども!

ライフコーチ 兼 ド底辺サラリーマンのけんいちです!

 

本記事では、ハンバートハンバートのオススメ曲をご紹介します!

僕は音楽が大好きでいろんなジャンルを聴きますが、ずっとこの先の人生も寄り添ってほしいなと思う音楽がハンバートハンバートの楽曲たちです。

 

そんな素敵なハンバートハンバートの音楽を独断と偏見でオススメ曲10曲ご紹介します。何から聴いたらいいかわからない方は、まずこの記事で書いてある曲を聴いてみてください(^^♪

YouTubeのリンクも貼っておきます。

 

最後にはオススメのアルバムも紹介します。

 

 

 

(約6分で読めます)

 

ハンバートハンバートとは?

ハンバートハンバート

 

ハンバートハンバートは、1998年に結成した夫婦デュオです。

ジャンルはいわゆる『フォーク』ですね。

ボーカル・ハーモニカ担当の佐野遊穂さんと、ギター・ボーカル・バイオリン担当の佐藤良成さんの2人組です。

 

遊穂さんの透き通る綺麗な歌声と、良成さんのギターと低い柔らかな歌声が本当に病みつきになります!!

 

彼らの世界観、歌詞、メロディ、すべてが極上の癒し!

曲のご紹介をしていきます!

ちなみに順番は順位ではありませんので、というか、順位なんか付けられませんのでー!!笑

 

 

 

①待ち合わせ

www.youtube.com

作詞作曲は佐藤良成さんです。

 

 

とにかく切ないっ!!!

 

歌詞はおそらく恋をしている男女の曲で駅のホームで待つ女性の気持ちと、駅に向かう男性の気持ちを書いています。

 

ほぼ女性の佐野遊穂さんが歌うんですが、最後のワンフレーズで、待ち合わせのために駅に向かう男性のパートに佐藤良成さんの歌が入ってくるんですが、これがまた最高。。。

 

何もかも包み込むような良成さんの声に涙が、、、

 

 

②おなじ話

www.youtube.com

作詞作曲は佐藤良成さんです。

 

ハンバートハンバートが有名になったキッカケの曲。2005年発表の曲です。

ライブでも定番の代表曲。

 

これもほんとーーーーに泣ける曲なのです。

 

「どこにいるの?」

「君のそばにいるよ」

「何を見てるの?」

「君のこと見てるよ」

 

という男女の掛け合いの曲で、何気ない会話のやり取りに見えるんですが、微妙にこの会話は噛み合ってないのです。

 

おそらくこの夫婦(もしくは恋人同士)は、女性の方が亡くなっています。

 

もう居なくなってしまった奥さんに対して、寂しさを紛らわせるために話しかける旦那さん。

 

「どこへ行くの?」

「どこにも行かないよ。ずっと君を見てるよ」

 

死んじゃったけどあなたのことをずっと見てるよという歌詞に泣いてしまいます。。

 

タイトルの「おはじ話」の意味は、亡くなった人と会話してるので、ちぐはぐで会話が成り立たず、毎回「どこにいるの?」「何をしてるの?」というおなじ話の繰り返し、という意味です。

 

亡くなったということは明言されてませんが、そう読み取れます。

 

 

③虎

www.youtube.com

こちらも作詞作曲は佐藤良成さん。

 

歌うたいの人が、うまく曲をかけずに自暴自棄になってしまってるようなそんな歌詞。

 

だめだ、だめだ、今日はやめだ
メロディひとつできやしない
酒だ、酒だ、同じことさ
昼間からつぶれて眠る

 

歌手に限らず、何か物を生み出す人すべてに響く曲ではないでしょうか。

 

「うまく行かなくて、投げやりになって酒を飲む。」普通だったらそんなこと、だらしないとかみっともないとか言われそうですよね。

 

でも、そんな姿を歌で見せてくれることで自暴自棄になってしまってる人に勇気を与えるような歌なんだと思います。

 

ちなみにPVにはハンバートハンバートの大ファンであるお笑い芸人で作家の又吉さんが友情出演しています。

 

彼らの可愛いゆるーーいダンスも見ものです。笑

 

 

④ぼくのお日さま

www.youtube.com

こちらも作詞作曲は佐藤良成さん。

 

言葉がつっかえてしまう吃音症について書かれた曲ですが、吃音症を通して「言いたいことを言えない」すべての人に向けて書いた曲だと感じることができます。

 

ひとことも言えないで
ぼくは今日もただ笑ってる
きらいなときはノーと
好きなら好きと言えたら

 

ハンバートハンバートの曲は決して「頑張ろう!」「前を向いていこう!」とは言いません。

 

ダメな自分もすべて受け入れてくれるような温かさがあります。

 

言いたいことが言えなくたっていいさ。

泣きたきゃ泣けばいいんだよ。

 

そう言ってくれているような温かい曲です。

 

 

⑤横顔しか知らない

www.youtube.com

こちらも作詞作曲は佐藤良成さん。

 

片思いがテーマです。

 

好きな女の子に電話すらかけられない。

そんな男の子のことを歌った曲です。

 

電話をかけたけど留守電になった。メッセージは入れられなかった。我慢できずに家まで行ったけど、嫌われたくないからインターホンも押せず、結局会えなかった。

 

こんな内容の歌詞なんですが、下手すると一見ストーカーのようになってしまいますよね(笑)

でも、あら不思議。ハンバートハンバートが歌うと素敵な片思いの曲に。笑

 

また、「横顔」という歌詞は出てこないんですが、片思いのこの歌に「横顔しか知らない」という曲名をつけるあたりのセンスがさすがです。

 

 

⑥喪に服すとき

www.youtube.com

こちらも作詞作曲は佐藤良成さん。

 

タイトルから暗そうな歌ですが、命の尊さや、大切な人が亡くなる悲しさ、すべてを歌ってくれています。

 

いつまでも眠ろう
何度でも生きよう
いつか再びめぐり逢える日まで

 

僕も母親を病気で亡くしているんですが、命というのは体がなくなっただけでは無くならないと僕は思っています。

 

いつまでも眠っているだけ。

心の中にずっと何度でも生き続けている。

いつかまた逢える日まで楽しみにしていようと。

 

この歌詞にはとてもとても共感しました。

 

 

 

⑦がんばれ兄ちゃん

www.youtube.com

こちらも作詞作曲は佐藤良成さん。

 

この曲はテンポ良い明るい曲調です。

 

走るの遅い 食べるの遅い

力も弱い お兄ちゃん

ちょっとぶつけては すごく痛がる

俺のお兄ちゃん

 

ああ兄ちゃん でもかっこいい  かっこいいな

ああそんなふうになりたいな

 

頼りのない兄ちゃんだけど、大好きだよ

 

そんな気持ちが伝わってくる歌。

そして、無くなってしまう商店街の中でPVが撮られていて、それもまたグッとくるものがあります。

 

 

⑧小さな声

www.youtube.com

こちらも作詞作曲は佐藤良成さん。

これは、落ち込んだ時に真っ先に聴くべき曲。

 

「がんばれ」という言葉はときに凶器になります。

どうしようもなく、墜ちてしまった人には「がんばれ」なんて言えないですよね。

 

がんばれ  って言うなよ

他人事  じゃないか

誰か気づいて 気づいて 気づいて

それはまずいよ  って誰か言ってよ

 

心の叫びが感じられる歌です。

 

 

⑨長いこと待っていたんだ

www.youtube.com

こちらも作詞作曲は佐藤良成さん。

 

自分の夢を叶えた人の物語。

良成さん自身の体験ではないか?と思えるような歌詞です。

 

歌手を夢見て、やっとステージの上に立つことができた。夢見た日から長いことこの時を待ってたんだ!!

 

という希望に満ちた歌です。

僕も夢を叶えた!今が最高だ!と言えるような日を目指したいと勇気をもらいました。

 

 

⑩国語

www.youtube.com

こちらも作詞作曲は佐藤良成さん。

 

みんなが普通に使っている
そのコトバの意味がわからない
ねえ、オリジナリティって?
ねえ、クリエイティブって?
わからないくせに使うなよ

 

外国のコトバをカタカナに
わからないことを曖昧に

 

横文字批判でしょうか。笑

ハンバートハンバートにはたまーにこういうチクチクした皮肉を歌った曲もあります。

 

誰もが知ってるだろとでも言うように横文字を使って説明する人。

わからないのをいいことにごまかしてんじゃねーよというような皮肉たっぷりの歌詞です。

 

皮肉さがある歌詞でありつつも、曲調はリズミカルでそのギャップもいいです。

明るい声で「わからないくせに使うなよ」と言っているのが違和感ありつつも、ハンバートハンバートらしい揶揄に感じられます。

 

 

まとめとオススメアルバム紹介

ハンバートハンバート


 

 

以上、10曲ご紹介でした!

 

彼らのメロディと優しい歌声とは裏腹に暗い歌詞や皮肉たっぷりの歌詞の曲があります。そこが魅力だと思います。

 

弱い僕らに「がんばれ」と声をかけるのではなく寄り添ってくれて同じ目線にいてくれるような。

苦しいときに逃げる逃げ場のような。

それがハンバートハンバートの歌だと感じますね。

 

一生寄り添ってほしい楽曲たちです。

ハンバートハンバート、絶対解散なんてしないでね!!!泣

 

 

今回ご紹介した曲が入ってるオススメアルバムもご紹介します。

 

YouTubeで聴いて気に入った方はぜひ!

 

今回紹介した曲の中で「おなじ話」「待ち合わせ」「横顔しか知らない」「長いこと待っていたんだ」「国語」 の5曲が収録されています。

アコースティックのベスト盤でオススメです!

 

ぜひ、ハンバートハンバートの曲に魅了されてください(^^♪

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

ではまた。

ざす。