ド底辺サラリーマンの夢の叶え方

性格は誰でもいつでも変えられる【年齢は関係ナシ】


Hatena

性格を変えられる方法

ども!

 

ド底辺サラリーマンのけんいちです!

 

自分の性格や運命を恨んだり、嘆いたりする人はひとつ知っておくべきことがあります。

 

性格も運命も変えられるということ。

 

 

「え?そんなん無理だよー」と思ってる人ほど、このことを伝えたい。

 

 

性格は生まれ持ったものだというのは、まやかしなんですよ。

 

 

✅こんな人に読んでほしい

・自分の人生こんなもんだなと思って諦めてる人

・性格や運命を変えたいと思ってる人

 

この記事を読めば心がスッと軽くなり、自分の性格を変え、自分で選んだ道を歩むことができるようになるかと思います!

 

 (約3分で読めます)

 

 

性格は変えられる

 

変える

性格は生まれ持ったものだというのは大ウソ

 

なので、

「性格なんだから変えられない」

「こういう性格だから仕方ない」

というのは理由になりません。

 

 

生まれた時は皆フラットな赤ちゃんです。

 

そこから親に育てられ、学校で多くの先生や友達と関わるようになり、性格は形成されます。

 

こうした過程の中で、嬉しかったことや悲しかったことが自分の好きなこと、嫌いなことになっていきます。

 

性格は後天的に作られるものなのです。

 

アドラー心理学では、性格は「ライフスタイル」と言われています。

このライフスタイルも5歳くらいまでで確立してくると言います。

 

ライフスタイルは、幼少期から形づくられます。

 

長男で「面倒を見るのが役目だ!」と教わってきたらそれが当然だと思うようになります。

 

お金に困っている生活をしてきていたら「お金がすべてだ」という価値観になります。

 

このように、すべて自分で意味づけをしているのが性格や価値観なんです。

 

幼少期から時間をかけて形づくられてきたものなので、変えることは簡単ではありませんが、不可能ではないのです。

 

自分が当たり前と思っていることも変えられます。

 

自分がどう世界を見ているか?という色眼鏡が性格=ライフスタイルなのです。

 

 

 

 

性格を変える方法

行動


 

時間をかけてゆっくり形づくられてきた性格を変える方法を紹介します。

 

僕もこの方法で性格、価値観が変わりました。

友人にも「学生時代だったら考えられなかった」と言われるようにもなれました。

 

自分の望んだ性格を手に入れるために順を追って説明します。

 

自分の歴史をたどる

 

幼少期の頃から形づくられてきたと書きましたので、まずは、自分の歴史を知ることです。

 

自分史を書いてみましょう!!

 

幼稚園、小学校、中学、高校、大学と今まで自分の歴史の中で印象に残っていることをピックアップしていくのです。

 

印象に残っているということは、何かしら感情が動いた証です。

 

自分は何に心を動かされ、何が嬉しくて何が悲しかったのか?

 

それを知ると自分の性格が作られた根拠がわかります。

 

なぜ今の性格が作られたのかを知り、それを変えるように動くのです。

 

 

世界を旅する

 

僕は一番手っ取り早い方法は、「世界を旅する」ということだと思います。

 

お金はかかるけど、費用対効果は絶大です。

 

そうはいっても僕も海外に行きまくっているわけではなく、10か国くらいしか行ってないですが、それでも価値観はぶっ壊れました。

 

こないだ、フィリピンに行ったときのこと。

現地に住んでいる日本人の方からこんな話を聞きました。

 

現地のレンタカー屋さんを呼んだら、連絡も無しに遅れてきたそうです。

 

「なんで遅れたのよ!」と注意すると、「そんなことで怒ってないで早く行こうよ〜時間の無駄だよ〜」と言われたそうです。

日本だったらクレームもんです。笑

 

でも、それがフィリピン人の性格、価値観なんです。(この場合フィリピン人全員に当てはまるとは言い切れませんが)

 

性格や価値観に良い悪いはありません。

 

日本では当たり前のことが通用しなくなるのが、世界を旅していると感じます。

 

どんな些細なことでも価値観がぶっ壊れますので、性格を変えたいという人には世界を旅することをオススメします。

 

行動できない人はどうすればいいか

 

諦めない

 

世界を旅するお金なんてない!

毎日が仕事で忙しくて環境なんか変えられない!

 

という人も大丈夫。

 

ちょっとしたことでも性格は変えられます。

 

 

それは、普段NOと言わないことにNOと言ってみること。

 

飲み会に誘われたら行きたくなくてもOKしてしまう人はNOと言ってみましょう。

 

普段、無茶振りばかりする先輩に仕事振られたら適当な理由をつけてNOと言ってみましょう。

 

逆でもいいです。

断ってばかりの人生なら、何かを受け入れてYESと言ってみましょう。

 

 

1日5つでも3つでも1つでもいいので、普段と逆の行動をしてみるのです。

 

自分の性格とは真逆のことをやるので、最初は気持ち悪く「居心地良くないなー」と感じると思います。

 

ただ、慣れてくると視点が変わるので、違う世界が見えてくるようになります。

 

 

行動を変え、性格を変え、運命を変える

 

行動を変えれば性格も運命も変えられる

マザーテレサ名言 http://www.k-coacher.com/blog/profile/197 参照

 

マザーテレサの名言によると、性格を変えると運命が変えられるようです。

 

そしてもっとさかのぼると行動や思考さえ変えられれば、運命も性格も変わるのです。

 

 

何歳からでも性格は変えられます。

 

 

先日海外旅行でフィリピンに行き、自分の価値観が変化し、刺激を受けたのでこの記事を書きました。

 

性格を変えたいという人はぜひ海外に。

それが無理なら国内でも今の自分とまったく違う環境ならいいでしょう。

それも無理なら、普段YESと言っていることにNOと言ってみましょう。

 

でも、少しお金を貯めれば海外なんて行けますのでまずは海外に行き環境を変えることを強くオススメします。

 

 

経営コンサルタントの大前研一さんもこう言っています。

 

人間が変わる方法は3つしかない。

1つ目は時間配分を変えること。

2つ目は住む場所を変えること。

3つ目は付き合う人を変えること。

 

海外に住むのが一番いいですが、しばらくの海外旅行でも充分効果はあると思います。

 

「性格を変えたいな・・・」と思っているのなら、ぜひ試してみてください。

 

 

ひとりでも多くの人が望んだ生活ができますように。

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

ではまた。

ざす。