ド底辺サラリーマンの夢の叶え方

ド底辺サラリーマンの夢の叶え方

ド底辺のサラリーマンの僕が「大自然を通して人を豊かにする」という夢を叶える為、奔走中。会社員しながらでもできる自己啓発中心に書いてます。

【人生ラクに生きるコツ】何事もうまくいかなかったりイライラしてしまう人へ

ども!

 

ド底辺サラリーマンのけんいちです!

 

 

 

「物事がうまくいかないことが多い」

「すぐイライラしてしまう」

「自分だけ嫌なことがたくさん起きる」

 

 

こうしたネガティブな思考は外部ではなく大抵自分の内側に原因があるんです。

 

 

その原因と対策を知り、ちょっとでも人生をラクに生きてみませんか?

 

 

心理学やコーチングを学んでいる僕の普段の心がけをシェアいたします!(^^♪

 

 

 

 

 

人生がうまくいかない人の共通点

f:id:g4n0323:20190309181422j:plain

 

 

何事もうまくいかなかったり、誰かにすぐイライラしてしまう人の共通点とはなんでしょう。

 

 

それは、自分以外の人や物に原因を求めていることです。

 

 

 

本来物事や出来事って中立で良いも悪いもないんですよね。

 

 

受験に落ちることも

職を失うことも

交通事故にあうことも

好きな仕事を毎日できていることも

欲しかった車を買えることも

大好きな人と結婚できることも

 

 

ただそのできごとは「あるがまま」そこにあるだけで、

「うれしい!」

「かなしい...」

「幸せ!!」

「イライラする!」

という感情を自分でその出来事にくっつけて良いこと、悪いことを決めつけているだけなんです。

 

 

「交通事故にあうことなんて誰にだって不幸なことだろ!!」

という意見もありそうですが、交通事故にあうということも極論中立です。

 

 

「大ケガしてしまってなんて俺は不幸なんだ」と感じる人もいれば

「ケガはしたけど命が無事なだけで私は幸せだ」と感じる人もいます。

 

 

同じ出来事でも人それぞれ持ち出す感情が違ってくるんです。

 

 

「人生うまくいかない!」と嘆いている人やすぐイライラしてしまう人は、自分の感情を棚に置いて外部へ原因を求めてしまっているんです。

 

 

 

だからうまくいかない。

 

 

人に対してイライラしてしまう人も、その相手が悪いのかもしれませんが、自分が相手(外部)に何か求めているからではないでしょうか。

 

 

例えば、会社の飲み会でお酒を飲むことを強要する上司がいたとします。

 

大抵の人は「古い考え方の人だ!」「嫌な人だ!関わりたくない」などと考えるでしょう。

 

少なくとも僕はそうです。笑

 

だからといってその人が悪い人なわけではありません。

 

その人は「ただお酒を飲ます人」というだけの存在。

 

それを「嫌な人」「悪い人」と意味付けしているのは自分なんです。

 

自分の価値観にそぐわないから、否定しているんです。

 

 

その人と価値観が合わないからといってその人を否定する権利はありません。

嫌なら嫌と言うか、関わらないようにすればいいだけ。

 

自分と価値観合わない人がいても、「この人はただそういう感じの人なんだ」とあるがままを受け入れましょう。

 

イライラするのは「こうしてほしい」という自分の気持ちがあるから。

 

それはわがままです。

 

他人のことは自分の思い通りには動かせません。

 

 

人も出来事もすべて中立。ニュートラル。

 

 

これをわかっていないから何事もうまくいかなかったり、イライラしてしまったりするんです。

 

 

 

 

人生をラクに生きるちょっとしたコツ

f:id:g4n0323:20190202174021j:plain

 

 

人生がうまくいかないと感じている人の原因は「物事や人はすべて中立だ」ということを理解していないということでした。

 

 

では、その原因を踏まえたうえで人生をラクに生きやすくするコツをご紹介します。

 

 

 

それはいつでもニュートラルな心でいることです。

 

 

 

どういうことかというと、

物事には良いも悪いもないと言いました。

 

 

良いも悪いも自分の感情がその物事に意味付けをしています。

 

 

 

自分の感情=物事の良し悪し

 

 

ということです。

 

なので自分の感情を中立にニュートラルに持っていくことが、何事にも左右されずに人生をラクに生きるコツです。

 

 

最初は難しいかもしれません。

 

 

なので、良いことがあったらまず「なぜ自分はうれしいんだろう?」と考えたり、「何か悪い面はないだろうか?」と考えてみることをオススメします。

 

悪いことが起きた時も一緒です。

 

 

僕は特に悪いことが起きた時に実践してます。

 

「なんでこの出来事を俺は嫌だと感じているんだろう」

「なぜこの人にイライラしているんだろう」

「この嫌な出来事の中にも何か自分の糧になるようなことはないか?」

「一見悲しい出来事だけど、今自分が直面したのにはどんな意味があるんだろう」

 

 

僕はこのようなことをよく考えています。

 

そしてどんなこともプラスに変えています。

 

マイナスやネガティブに行った振れ幅を

プラスやポジティブな方面に持っていく作業です。

 

 

これを繰り返しすることでだんだんとニュートラルな中立の心を手に入れることができます。

 

 

自分の心を中立に、自分以外へ求めすぎずに人生ラクに生きましょう

f:id:g4n0323:20190309184506j:plain



 

どんな出来事も人間も中立。

良し悪しを決めているのは自分の感情。

「あるがまま」を受け入れましょう。

 

 物事には良い面も悪い面もあります。

 

自分が『良い』『幸せだ』と感じることでも油断せずに『悪い面はないか』と探ってみましょう。

『悪い』『不幸だ』と感じることにたいしても『良い面はないだろうか』と考えてみましょう。

 

 

この練習をしていくことでブレないニュートラルな自分を手に入れることができます。

 

 

僕もまだ人に対してイライラしてしまうことはありますが、昔よりだいぶ中立にいられるようになりました(^^♪

 

 

割とすぐ「あ、いけねっ。イライラしてる。俺は何をこの人の求めちゃってたんだろう。落ち着こ、落ち着こ」って思えるようになりました。笑

 

 

 

「物事や人はニュートラルなんだ」と理解して、人生をラクに生きましょう。

 

 

誰にだってできる簡単なことです。

 

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

 

ではまた。

ざす。