ド底辺サラリーマンの夢の叶え方

https://webplatform.github.io/docs/html/elements/head

まだ見ぬ世界と自分に出会えるブログ

心が軽くなる心理学やオススメの本や映画を紹介しています。

【本を出しました!】『ちょっとしたことで人生が180度変わる!「余白」の作り方』


Hatena

ども!

ライフコーチ 兼 ド底辺サラリーマンのけんいちです。

 

本記事では2021年4月に出版した4冊目の拙著の紹介をします。

 

読書することも大好きなのですが、こうして毎日ブログを書いていることもあり、文章を書くことも大好きなので今年に入ってから本を書くようになりました!

 

※3冊目はコチラの記事で紹介しています。

 

今回出版したのがコチラの本です!

(画像をクリックするとAmazonのページに飛びます)

 

タイトルは『ちょっとしたことで人生が180度変わる!「余白」の作り方』です。

 

現代社会では、情報過多で頭がパンクしそうになったり、やらないといけないことが多かったり、毎日せわしなく過ごしている人も多いかと。

 

そんな人に、自分と向き合う時間、休息の時間である「余白」の取り入れ方を書いている本です。

 

 

◆本記事はこんな人にオススメ!
✔毎日忙しなく過ごしている人。
✔自分と向き合う時間やひとりの時間が持てていない人。
✔将来の目標などが見つからない人。

 

「余白」の時間は、自分の感情や本当の欲求と向き合う時間です。

自分と向き合い、考える時間でもあるので、「将来どうしたいかわからない」というような人にもオススメです!

 

 

 

『ちょっとしたことで人生が180度変わる!「余白」の作り方』の内容

読書

本書の内容を紹介するのに、『はじめに』の部分を引用します。

 

 本書を手に取っていただきありがとうございます。

ライフコーチ 兼 サラリーマンの小泉健一と申します。新卒で入社したメーカーで営業マンとして約10年仕事をしています。ここ2~3年で「人の人生に寄り添い応援する」ライフコーチという活動も始めました。

 

 僕は、人の話を聴くことが好きで得意でもあるのでコーチングをしています。コーチングは自分と向き合うことを対話でおこなっていくのですが、自分と向き合うことを習慣にしていると、心の状態や感情の機微にも敏感になってきます。

 

 本書では、そんな心の状態の保ち方について書いていこうと思います。

 

「いつも余裕がなくて毎日があっという間に過ぎていく」

「なかなかやりたいことができていない」

「普段仕事や家事に忙殺されて自分のことなんてやる時間がない」

 

 本書は、特に『時間』についてこのように悩んでいる方に向けた本です。「心の余裕」がないと感じている人は黄色信号。そんな風に過ごしているとあっという間に1年、5年、10年と時が過ぎていき、すぐに人生の終着点を迎えてしまうかもしれません。

 

 「心の余裕」のことを僕はよく「余白」と表現します。真っ白な紙と、すでに落書きされている紙では、当たり前ですが、真っ白な紙のほうが書き込める「余白」が残っていますよね。

 

 同じように、自分の理想のビジョンを思い描いたり、新しい何かを始めようとしたりする場合は心に「余白」がないと何も始めることができないのです。

 

 普段、「余裕がない」と感じている人が、少しでも「余白」を作れるようになるための方法を本書にまとめました。僕自身、自分のやることや予定をかなり詰め込み過ぎな性格だったのです。今では「余白」の大切さが身に染みているので、意図的に「余白」を作り出すように心掛けています。自分のやりたいこともやりつつバランス見ながら「余白」を少し作っておくと、新しくやりたいことができたときに取り組む余裕ができるのです。

 

 人生を豊かにするためには、詰め込み過ぎは要注意。人生に「余白」を作る意義、そしてどういう風な生活をしていけばいいのか、僕の実体験も交えつつ、心理学的思考もシェアしながら論じていきます。

 

これは僕個人の価値観ですが、「幸福」とは「自分のやりたいようにやっていること」「自分がなりたいようになっていること」だと思っています。人に喜んでもらうことも必要です。しかし、それ以上に自分が本当に心の底からやりたいことをやっているのかということの方が大事です。

 

予定に追われたり、他人に言われたことだけこなしていたり、仕事に忙殺されたりしていると、自分のやりたいことなんてできないし、何よりやりたいことがなんなのかすら気が付くことが難しくなります。

 

自分のやりたいようにやり幸せになるためには「余白」はとても大切です。

 

 本書を読み終わったときにはきっと人生の「余白」の重要性が理解でき、早速とりかかりたくなることがあると思います。そして、読んでくれた方の人生に余裕が生まれてちょっとでも楽に生きていける一助になれたら幸いです。

 

 難しくないし誰にでもできると思っています。

 

 拙い文章ですが最後までお付き合いただけると嬉しいです。

 

 

『ちょっとしたことで人生が180度変わる!「余白」の作り方』を読むとどうなれるか幸せ

本書を読んでいただければ、忙しい毎日を過ごしてる人でも、「余白」の時間を生活に取り入れる方法がわかります。

 

そして、その大切さもわかります。

 

「余白」=自分だけの時間なのです。

この時間が持てないと、他人に言われたことややらされ仕事に追われてあっという間に歳月が過ぎてしまいます。

 

そして他人軸を生きることになり、そこに自分の意志が無いと幸せを感じることも難しくなります。

 

自分の心と向き合い、自分の本音に触れ、自分のやりたいことを決断して行動する。

 

これが幸せを感じるためにいかに大切なことかを本書では語っていますので、自分の時間が持てていなかったり、自分の人生を生きている実感が持てていない人はぜひ読んでみてもらえると嬉しいです。

 

 

昔の僕みたいな人を少しでも減らしたい!

 

 

本書は1冊500円。1時間ちょっとで読み切れるボリュームです。

また、kindle Unlimitedに登録している方だと無料で読めます。

 

(画像をクリックするとAmazonのページに飛びます)

 

 

ちなみに、Kindle Unlimitedは、読書をたくさんする人はオススメです。

月額980円で12万冊くらいの本が読み放題! まだ登録されていない読書好きの方はぜひ。

 

 

 

 

以上、今回は宣伝の記事となってしまいましたが、最後までお読みいただきありがとうございました!

ではまた。

ざす。