ド底辺サラリーマンの夢の叶え方

【マニラ】オススメ観光スポット『イントラムロス』の魅力と歩き方【完全ガイド】


Hatena

イントラムロス

ども!

ド底辺サラリーマンのけんいちです。

 

先日、フィリピンに旅行に行きました。

歴史が大好きなので、マニラの南西に位置する『イントラムロス』に行きました!

 

ここには、かつてスペイン領だった当時の風景そのまま残っており、フィリピンの中に西洋の世界がある不思議な空間でした!

 

そんなに広くもないので半日ちょいで周れちゃうので観光にオススメです。

 

距離や時間も考慮して、オススメルートもご紹介します!

 

 

 

(約4分で読めます)

 

イントラムロスってどんな場所?

 

イントラムロス

イントラムロスはフィリピンのマニラ市の南西に位置しています。

 

 

フィリピンは、1565年から1898年まで約300年間スペインの占領下でした。

 

マニラ市のイントラムロスは、占領当時の16世紀にスペイン人によって建てられた地区です。

 

フィリピン最古の地区と言われています。

 

 

アジアにおけるスペインの政治、軍事、宗教の中心となったのです。

 

 

イントラムロスとは、スペイン語で「壁の内側」という意味。

 

その名の通り、壁で囲まれたエリアとなります。

 

そこには、フィリピンとは思えない西洋の建物が多いエリアで、大聖堂などは圧巻です!

 

 

16世紀にタイムスリップした感覚が味わえるイントラムロスを解説します。

 

 

 

イントラムロスの歩き方

歩く

 

イントラムロスはメインの通りにすべて観光スポットがあるので、真っ直ぐあるくだけでオーケー。

とても観光しやすいのです!

 

空港からはタクシーがオススメ。

イントラムロスまで、といえば、城壁の入り口まで連れてってくれます。

 

【注意】

フィリピンのタクシーは旅行者とわかるとぼったくられるので、割高ですが料金が乗る前からわかる「GRABタクシー」がオススメ!東南アジア版のUBERです。僕もこれで旅をしました。

GRAB

登録はAppleストアから!「Grab App」をApp Storeで

 

 

世界遺産『サン・アグスティン教会』

サン・アグスティン協会

まず、イントラムロスの入り口から1番近いのが「サン・アグスティン教会」です。

 

 

 

東南アジアには珍しいキリスト教国のフィリピン。

 

カトリックの教会として、世界遺産のサン・アグスティン協会があります。

 

美術品や絵画などがものすごくたくさんあり、見所満載です。

 

教会

 

入場料は大人200ペソなので、約400円ほど(2019年8月現在)。

 

そして、写真撮影OKなので、とてもオススメです!

 

大きな荷物も入り口で預かってくれました!

 

 

廊下

 

大きな広い廊下があり、壁に絵画がかけられています。

 

絵画



いくつも部屋があり、その部屋にも当時使用していた食器、服などが展示してあります。

 

当時の生活がどんなものだったのかわかるんです!

 

 歴史に想いを馳せれます。

 

また、キリスト教会なので、キリスト教の美術品なども多くあります。

キリスト絵画

 

キリスト絵画

キリスト像

『サン・アグスティン協会』は、2階建てで見どころ満載です!

 

僕は見るのに40分くらいかかりましたが、じっくり見る人はおそらく1時間くらいはかかるでしょう。

 

中庭

 

 

中庭もしっかり整備されています。

 

どれをとっても美しい教会でした!

さすが世界遺産です。

 

 

 

貴族の暮らしがわかる『カサ・マニラ博物館』

カサマニラ


カサマニラは19世紀に建てられたもので、スペイン統治下の生活様式がうかがえる博物館となっています!

 

 

『サン・アグスティン協会』の真向かいで徒歩10秒くらいです。笑

 

 

 

カサマニラ

 

カサマニラ

 

 

「貴族ってこんなところに住んでるんだー」と興味津々で歩いていました。

 

中はそんなに広くないのでサクッと見学できます。

 

入場料無料です。

 

カサマニラ

 

 

貴族気分を味わったあとは、隣り合わせのカフェで一休みできます。笑

 

コーヒー

 

 

マニラカトリックの本拠点『マニラ大聖堂』

マニラ大聖堂

 

 『マニラ大聖堂』は、1571年に建てられたキリスト教の大聖堂で、アジア最大のパイプオルガンがあることで有名です。

 

 

先ほどの『カサマニラ博物館』 からは徒歩3分くらいです。

 

こちらも入場料無料です。

入り口で警備員による手荷物検査はあります。

 

マニラ大聖堂

 

 

教会って神秘的ですよね。

 

お祈りしている方もいました。

 

マニラ大聖堂

ステンドグラス

ステンドグラスもキレイです。

 

 

美術品なども少しだけ展示されていました。

 

広さ的にも、あまり長居するようなところではありません。

 

 

日本軍の拠点でもあった!『サンチャゴ要塞』

サンチャゴ要塞

 

 サンチャゴ要塞は第2次世界大戦で日本軍の拠点にもなっていた要塞です。

 

イントラムロス内では、一番北に位置します。

 

サンチャゴ要塞

 

サンチャゴ要塞 牢屋

サンチャゴ要塞 牢屋

 

要塞には、牢屋もあったり、当時の雰囲気が生々しく残っています。

 

言葉を失うくらい衝撃でした。

 

大戦当時は、ここで虐殺された人も多くいたそうです。

 

調べると、日本軍は満潮時に牢屋にフィリピン人を閉じ込め、水死させるといった拷問もしていたそうです。

 

歴史を知るのって大事ですよね。

『サンチャゴ要塞』は本当に必見です。

 

 

こうした建造物を見れつつ、広場というか公園みたく整備もされているので、ベンチでちょっと休むこともできます。

 

サンチャゴ要塞

 

 

入場料は75ペソ。150円くらいで入れますので是非。


 

歴史好きにはオススメ!

歴史

 

 

歴史好きには超オススメの場所です。

 

フィリピンとはまた違った雰囲気が味わえます。

馬車



バイクやトライシクルばかりのフィリピンの街並みでは絶対見られない馬車もありました。笑

 

 

僕は朝10時くらいから見学して、15時くらいには終わったので、半日くらいで見て回れます。

 

もちろんもっと時間をかけてみる人ですと1日かかるかもしれません。

 

マニラからもアクセスしやすいのでフィリピン旅行の際はぜひ『イントラムロス』へ!!

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

ではまた。

ざす。