ド底辺サラリーマンの夢の叶え方

https://webplatform.github.io/docs/html/elements/head

ド底辺サラリーマンの夢の叶え方

ライフコーチの僕が心が軽くなる心理学についての記事を書いています。また、読書と映画鑑賞が趣味なので、面白かった本や映画も紹介しています。

【映画】『シークレットウィンドウ』のネタバレなしのあらすじと無料で観れる方法の紹介


Hatena

ブログタイトル

ども!

映画大好きなライフコーチ 兼 ド底辺サラリーマンのけんいちです!

 

本記事は、映画『シークレットウィンドウ』のネタバレなしのあらすじと見どころを書いています。また、無料で観れる方法も紹介しています。

 

 

僕は映画をよく観るのですが、サスペンスやホラーが大好きなんです!


「サスペンス オススメ 映画」
でググった作品はほとんど観たかと思います。笑

でも、映画ってまだまだたくさんあるので、新しい面白い映画を日々発掘中(・∀・)

映画視聴本数は年間100本くらいですかね!

そんな僕がオススメする映画をご紹介していきます。

 

 

「スティーブンキング原作のミステリー!」
「身に覚えのない盗作疑惑をかけられたら?!」
 
 
 
 
スティーブンキング原作の『秘密の窓 秘密の庭』という小説を映画化した作品です。
ジャンルはミステリーですが、ホラー要素も少し入ってくるあたりがさすがスティーブンキング!といった感じでした。
 
 
『シークレットウィンドウ』を、ネタバレなしであらすじと見どころ、そして無料で観れる方法もご紹介していきます!
 

 

『シークレットウィンドウ』は、2004年に公開されたアメリカの映画です(96分)。

(約5分で読めます) 

  

『シークレットウィンドウ』のネタバレなしのあらすじ

映画のワンシーン





 
では、本作品のネタバレなしのあらすじです。

 

人気作家であるモート・レイニー(ジョニーデップ)は、ある別荘にこもって執筆活動に勤しんでいた。そんなある日、見ず知らずの紳士が突然ドアをノックし、「俺の小説を盗作しただろ。正直に言え」と迫ってくる。突然の身に覚えのない言いがかりに苛立つモートだったが、その男が置いていった小説には、なんと一字一句自分の小説と同じ言葉が書かれていた。

果たしてどういうことなのか?段々と狂気じみてくる謎の男の行動に精神的に不安定になるモート。この事件の真相は...

 

 

✔予告編動画はコチラ!

www.youtube.com

 

それでは、感想と見どころと紹介します。

 

 

 

 

『シークレットウィンドウ』を観た感想と見どころ

映画のワンシーン





謎解きミステリーにホラーテイストも

 

あらすじに書いたように設定はめちゃくちゃ面白いんですよね。

ただ、オチはよくあるラストで僕は読めちゃいました。。。笑

 

途中までは、謎解きを楽しんで観ることができました。

そして、謎の男に盗作疑惑をかけられ、追い詰められていくジョニーデップ演じる小説家は、だんだんと気が狂ってしまうようになるのです。

 

謎の男が何度もモートの前に突然現れるので、ホラー映画を見ているような演出もあります。

ハラハラドキドキするでしょう。

 

 

 

とにかくジョニーデップ!笑

 

いやーージョニーデップがカッコいい!!笑

彼を観るためだけに視聴してもいいでしょう。

 

この主人公は妻と離婚協議中で、堕落した生活を送っているのですが、髪ボサボサで服もだらしなくて、そんなダメ男っぷりをジョニーデップが熱演。

 

この役ハマりすぎ!!笑

ジョニーデップのメガネも、使ってる食器もオシャレで同じものを買う人が続出したとか、、

ジョニー・デップ

 

ジョニー・デップ



 

 

シーンごとに服装が変わるのですがどれもオシャレ!

この映画、ジョニーデップじゃなかったら多分売れなかったでしょう、、、笑

 

 

 

他の方の感想やレビュー 

他の方の映画の感想を引用します(^^♪

 

 

 

ホラー要素強めです。

斧が頭にグサっといってる死体とかあるので、そのレベルなグロもダメな人はNGでしょう。

 

 

 

 

いやマジでジョニーデップがカッコいいという映画です(笑)

 

 

 

 

確かに伏線はあります。

その伏線を回収できてオチが読めてしまったのですが(笑)

でも、ミステリー作品としてはかなり面白いです!!

 

 

主要映画サイトの評価と感想が観れるリンクも貼っておきます♪

ネタバレありの場合は注意喚起あるので、リンクは安心して見られますよ( ^ω^ )

 

 

 

 

『シークレットウィンドウ』を無料で観る!

 

 

本作品はDVDもありますが、初めて観るなら動画視聴サービスで観るのがオススメです。

 

本作品の視聴情報はコチラ!

U-NEXT   

TSUTAYA TV 

Amazon prime video  ※ただし有料レンタル

 

本作品は上記3種類すべてで視聴できますが、「定額見放題」で視聴できるのは、『U-NEXT』『TSUTAYA TV』のふたつなので、こちらがオススメ。

まだこれから登録される方は「無料トライアル」申し込みでタダで観れちゃいます!

 

上記のオススメの動画視聴サービス3つのメリットや料金をご紹介します!

 

動画の種類なら『U-NEXT』

『U-NEXT』の特徴

✔動画本数14万本以上!

※そのうちの見放題は約9万本。(残りは課金して視聴できます)

✔書籍本数42万冊以上!

✔無料お試し期間31日

✔無料トライアル登録時に600円分のポイント付与、また、毎月1,200円分のポイント付与

 

無料期間を過ぎた後の月額料金は1,990円(税抜き)です。

※無料お試し期間に解約しても一切料金はかかりません。

 

「ないエンタメがない!」がキャッチコピーで動画本数なら圧倒的にU-NEXTですね! 

 

他の動画視聴サービスより割高ですが、毎月1,200円分のポイントが付与されるのが嬉しいですね。見放題にない新作映画も2,3本観れちゃいます。

 

僕もU-NEXTヘビーユーザーです。笑

 

 

CDも借り放題『TSUTAYA DISCAS』『TSUTAYA TV』

 

TSUTAYA DISCAS・TSUTAYA TVの特徴

✔TSUTAYA DISCASはCD・DVD借り放題

✔見放題のTSUTAYA TVは動画本数1万本

✔無料お試し期間30日

✔無料期間中に1,080円分のポイントが付与

 

 

 

無料期間が過ぎた後の月額料金は2,417円(税抜き) です。

1万本の動画見放題プランのみであれば月額933円(税抜き)になります。

※TSUTAYA TVも無料お試し期間に解約しても一切料金はかかりません。

 

 

CDやDVDレンタルし放題も利用したい人はTSUTAYA DISCASがオススメですね!

 

 

Amazon利用者なら『Amazon prime video』


Amazonプライム・ビデオ

 

Amazon prime videoの特徴 

月500円、年会費4,900円で利用できる

✔映画やTV番組などprime作品が見放題(1~3万本くらい)

✔prime会員で配送特典や100万曲以上の音楽が聴き放題

✔無料お試し期間30日

 

Amazon利用者なら文句なしでAmazon primeがオススメ。

観られる映画はそのときどきで異なってくるのと、本数はそこまで多くないですが、とにかく安いです!

追加料金なしのお急ぎ便が利用できたり特典も豊富です。

 

 

 

 

『シークレットウィンドウ』が好きな人にオススメの作品

 

 

最後に、『シークレットウィンドウ』が好きな人が「これも好きそうだなぁ」と思う作品をご紹介します!

「オマエは一体何者?!」

という、登場人物の行動が謎な作品をチョイスしました(どんな選び方やねん 笑)

 

本作品を観た後にぜひチェックしてみてください(^^♪

 

 

 

『崖っぷちの男』 

 

これ、けっこうおもしろかったですね(^^♪

元警察官でありながら、宝石を盗んだ罪で2年間服役していた男。

その男が、高層ホテルの窓の縁に身を乗り出し、飛び降りようとしているシーンから始まります。

 

交渉人とのやり取りが始まりますが、終始「この人の目的はなんなんだ?!」ということを推理していくスリラー映画。

 

オチもハッピーエンドでスカっとしますよ!

 

 

✔予告編動画はコチラ!

www.youtube.com

 

 

 

『複製された男』 

主人公がある日テレビで映画を観ていたら、役者で自分とうりふたつの人物を見つける。

なんとか接触を果たしたが、そこから恐怖の始まりだった・・・。

果たしてもうひとりの自分は何者なのか。

 

ジェイクギレンホール主演の本作品は、かなり難解な映画です。

僕は観終わった後、解説読んでもわかりませんでした!笑

 

 

✔予告編はコチラ!

www.youtube.com

 

 

 

 

 

 

以上、映画『シークレットウィンドウ』のネタバレなしのあらすじと無料で観れる方法の紹介でした(^^)サスペンスやホラー、スリラー映画が好きなのでオススメあればコメントで教えてください(^^♪

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

ではまた。

ざす。