ド底辺サラリーマンの夢の叶え方

https://webplatform.github.io/docs/html/elements/head

まだ見ぬ世界と自分に出会えるブログ

心が軽くなる心理学やオススメの本や映画を紹介しています。

【ネタバレ無し感想】文字だけで最強の恐怖が味わえる!『火のないところに煙は』


Hatena

ども!

ライフコーチのけんいちです!

『まだ見ぬ世界と自分に出会えるブログ』へようこそ。

このブログではライフコーチの観点から心が楽になる考え方をシェアしたり、大好きな本や映画の紹介をしたりしています。

このブログを通して知らなかったコトやモノに出会え、新たな世界が開けるかも?!

 

 

本記事はオススメ本の紹介です!

僕は読書が大好きで、年間100冊ほど、ビジネス書や歴史書、哲学、文学、小説など雑食で読んでいます。

 

 

今回紹介する本はコチラ!

 

 

 

実話のような恐怖!戦慄ホラー小説

 

芦沢央(あしざわよう)さんのホラー小説。

 

「神楽坂を舞台に怪談を書きませんか」

 

そんな依頼を受けた作家の「私」。

かつて「神楽坂」では、凄惨な事件が起きており不可解な謎をそのまま放置して忘れようとしていた出来事を思い出す。

 

その事件を小説にすることで情報を集めて解決に導こうとするが、更なる恐怖を巻き込んでしまう…

 

作家の話で「私」目線なので、フィクションではありますが、実話のような書き方をしていて没入感がすごい。そして、文字だけでここまで怖くさせることができるのか、と感嘆します。

 

ラストもおぞましい恐怖を植え付けてこの物語が終わります。いや、終わるのか…?

 

それでは早速、ネタバレ無しで中身についてご紹介しますね。

 

 

◆本書はこんな人にオススメ!
✔『火のないところに煙は』のあらすじをネタバレ無しで知りたい
✔『火のないところに煙は』のネタバレ無しの感想を知りたい
✔ホラー小説やどんでん返し作品が好き
 
 

 

(約5分で読めます) 

『火のないところに煙は』のネタバレなしのあらすじ   

読書

 

以下、新潮社のホームページからのあらすじの引用です。

 

「神楽坂を舞台に怪談を書きませんか」突然の依頼に、作家の〈私〉は驚愕する。心に封印し続けた悲劇は、まさにその地で起こったのだ。私は迷いつつも、真実を求めて執筆するが……。評判の占い師、悪夢が憑く家、鏡に映る見知らぬ子。怪異が怪異を呼びながら、謎と恐怖が絡み合い、直視できない真相へとひた走る。読み終えたとき、それはもはや他人事ではない。ミステリと実話怪談の奇跡的融合。

 

 

『火のないところに煙は』を読んだ感想と見どころ

読書


 

じわじわ広がる恐怖

 

この小説は5つの話から構成されています。ひとつひとつが繋がってるわけではないですが、後半になるに連れてある共通点が浮かび上がります。

 

作家の「私」が小説を書くことで、読者から怪談話が持ち込まれ、それを調査していくと、なぜか自分が体験したまったく関係ないはずの事件に繋がっていきます。

 

その恐怖と恐怖が繋がり広がっていく感じがゾクゾクしてめちゃくちゃ怖かったです。

 

そして終わり方も秀逸。他の話がすべて伏線だったかのようにラストに回収されます。

 

ホラー作品なのでスッキリなんて終わらせてくれません。

 

 

 

文字でここまで怖いとは…

 

コレが僕の率直な感想です。

また、演出というか構成がうまいです。

 

「え、なになに」と思わせ引きつけておいてページをめくるとその次のページの冒頭にゾッとするワードが書かれているのです。

 

第1章の「染み」はめちゃくちゃ怖いので、覚悟して読んでください。

 

鳥肌立ちました。。。

 

映像もなく、小説という文字だけでここまで恐怖を植え付けられるのはさすがだと思いました。

 

 

『火のないところに煙は』を読んだ方の感想

 

僕の感想だけではなく、多くの意見をご紹介したいので、Twitterで検索して見つけた読了した人の感想を貼り付けておきます。

 

 

 

 

 

 

『火のないところに煙は』が好きな方にオススメの作品

『火のないところに煙は』を読んで面白いと思った方にオススメの本を紹介します。

芦沢央さんの作品を2つと別の作家さんの作品を。芦沢さんの作品はまだ僕も未読なので、僕が読みたいなと思う人気の本を。

 

 

 

『悪いものが、来ませんように』

 

芦沢央さんの作品の中でも人気の小説。

 

不妊治療をして子どもに対する悩みがある紗英という女性は、幼馴染の奈津子を心の支えとしていましたが、奈津子も、子育てで夫や母とうまくいっておらず、紗英を頼りにしていた。

 

お互い支え合って生きていたが、紗英の夫が殺害されてから事態は一変。

 

「震えるような読後感!」と評判の高い人気作です。

Kindle版でも読めます。

 

 

『許されようとは思いません』

 

『火のないところに煙は』と同じように5つそれぞれの話で構成された短編集。

 

ホラーではなく人の心の闇を描いたミステリー。結構重たい内容なので読了後はしんどいという人が多数。

 

僕もこれから読みますが、イヤミスや胸糞は好きなので、楽しみです!笑

 

 

 

『残穢』

 

小野不由美さんの人気作。映画化もされて映画も僕は観ました。

 

残穢=「穢れが残る」という意味。ある怪奇現象が起きる家を調べていくとその土地にある呪いが浮かび上がる…

 

『火のないところに煙は』と似たシチュエーションで、主人公は「私」の第一人称。

 

ある雑誌のコーナーを受け取っていた元ホラー小説家が一通のお便りを貰う。

 

「家が何か変なので調べて欲しい」

 

そして、調査していくうちに連綿と大昔から受け継がれる呪いがわかります。

 

「手元にすら置いておきたくない!」という感想があるくらい気味の悪い、じめじめとした日本のホラーの特徴がよく出ている作品です。

 

 

 

以上、小説『火のないところに煙は』のネタバレ無しのあらすじと感想の紹介でした(^^)

 

 

読書好きには、Kindle Unlimitedがオススメです。

月額980円で12万冊くらいの本が読み放題! まだ登録されていない読書好きの方はぜひ。(2022年1月現在、本作品は登録されていません)

 

 

 

 

 

 

最後に僕が提供してるサービスの紹介です。もし体験したい方がいらっしゃったらお気軽にお問い合わせください!

①ライフコーチング

「今の自分を変えたい!」「成長したい!」「もっと気楽に生きられる考え方を身につけたい!」

そんな方に向けてコーチングセッションを提供中。対話を通して夢の実現をサポートします。

コーチングってどんなことするのかということや無料体験セッションなどもしていますので、お気軽にご連絡くださいませ(^^♪

料金や空きなどは、変動することもあるため直接お問い合わせください。

 

 

②読書代行×コーチング

「本を読んで勉強したいけど、時間がない!」「読書を最大限活かしたい!」

そんな人に向けたサービスです。コーチングであなたのビジョンをお聞きします。

そしてあなたのビジョンに沿った本を選び(もしくは読みたい本を教えてください)、僕が代わりに読書して、そのビジョンに役立つところを意識して要点をまとめてプレゼントいたします。

僕は年間100冊くらいは本を読んでまして、このブログで要約記事も書いていて、読書と要約は得意です。多忙な働く人のためのサービスです!

 

 

それぞれお問い合わせはお気軽にご連絡ください!連絡先→g4n0323@gmail.com

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

ではまた。

ざす。