ド底辺サラリーマンの夢の叶え方

https://webplatform.github.io/docs/html/elements/head

ド底辺サラリーマンの夢の叶え方

心が軽くなる心理学やオススメの本や映画を紹介しています。

【映画】「死霊のはらわた」のネタバレなしのあらすじと無料で観れる方法の紹介


Hatena

 

ブログタイトル

ども!

映画大好きなライフコーチ 兼 ド底辺サラリーマンのけんいちです!

 

本記事は、映画『死霊のはらわた』のネタバレなしのあらすじと見どころを書いています。また、無料で観れる方法も紹介しています。

 

 

僕は映画をよく観るのですが、サスペンスやホラーが大好きなんです!


「サスペンス オススメ 映画」
でググった作品はほとんど観たかと思います。笑

でも、映画ってまだまだたくさんあるので、新しい面白い映画を日々発掘中(・∀・)

映画視聴本数は年間100本くらいですかね!

そんな僕がオススメする映画をご紹介していきます。

 

 

「スプラッターホラーの原点!」
「多くの人のトラウマとなった作品」
 
 
40年近く前の作品で、まだCGもない時代のスプラッター描写が観られます!
ホラー映画やスパイダーマンシリーズの監督として有名なサム・ライミ監督の若かりし頃の作品です。
「死霊のはらわた」は続編やリメイクも多く出されている人気映画。
 
 
 
それでは『死霊のはらわた』を、ネタバレなしであらすじと見どころ、そして無料で観れる方法もご紹介していきます!
 

 

『死霊のはらわた』は、1981年に公開されたアメリカの映画です。(89分)。

(約5分で読めます) 

  

『死霊のはらわた』のネタバレなしのあらすじ

 映画のワンシーン




では、本作品のネタバレなしのあらすじです!

バカンスを楽しむため、若者5人の男女は、別荘に訪れる。そこには地下室があり、中に入ってみると「死者の書」という奇妙な本とテープレコーダーが置いてあった。面白半分でそのテープレコーダーを流すと謎の呪文のような言葉が聞こえてきたが、それは死者を復活させる呪いの言葉だった。

そこから死者が復活し、若者を次から次へと襲っていく。

CGもない時代に特殊メイクのみで表現するスプラッター描写が観られる原点のような作品!

 

✔昔の映画なので公式の予告編動画はありませんが、作中のシーンをまとめたトレイラー的動画がありましたので貼っておきます。

www.youtube.com


 

 

 

それでは、感想と見どころと紹介します。

 

 

 

 

『死霊のはらわた』を観た感想と見どころ

映画のワンシーン




スプラッターホラーの原点!

 

40年前となると僕も生まれるもっと前です。

そんな昔に、ここまで気持ち悪い表現ができてるってすごいなと思いました。

 

血しぶきも明らかに血のりだし、何色かわからないような変な液体も死者(ゾンビ?)から出てきたり、今考えると「え?」と思うようなものもありますが(笑)

 

今でいう血がぶっしゃーと出たり、腕や足をちょん切られたりするようなスプラッター映画の原点のような作品なので、ホラーやスプラッター好きで観てない人は観てみましょう!!

 

人間vs死者のバトルも見ものです。

意外に人間が強くて「どっちが勝つのか?!」とワクワクしながら観れました。

ラストは意味深な終わり方をします。

 

 

 

CGなしのグロ描写

 

 

当時のCGなしのグロ描写が見どころですね。

展開としては割とありがちなのでストーリーはホラー映画見慣れた人には真新しさはないでしょう。

 

特殊メイクでどれだけ怖さやグロさを出せるのか?

かなり生々しく、結構気持ち悪かったですね。

観てのお楽しみ!笑

 

 

他の方の感想やレビュー 

他の方の映画の感想を引用します(^^♪

 

 

グロ描写は生々しいです、、、

 

 

 

たしかに、蛍光色の液体出てきたのは笑いましたw

 CGなしで「いかにグロい表現をするか?」ということを突き詰めているような感じでしたね。

 

 

 

 

低予算映画の先駆け。

サム・ライミ監督としても初の長編映画で、友人や周りの方に出資をお願いして作った気合いの入った作品なんだとか。

 

 

主要映画サイトの評価と感想が観れるリンクも貼っておきます♪

ネタバレありの場合は注意喚起あるので、リンクは安心して見られますよ( ^ω^ )

 

 

 

 

『死霊のはらわた』を無料で観る!

 

 

本作品はDVDもありますが、初めて観るなら動画視聴サービスで観るのがオススメです。

 

本作品の視聴情報はコチラ!

U-NEXT

× TSUTAYA TV 

Amazon prime video   ※ただし有料レンタル

 

「定額見放題」で観られのは「U-NEXT」だけ!

無料お試し期間に解約してもお金はかかりませんので、この機会に1ヶ月映画を観まくるのはいかがでしょうか( ̄▽ ̄)

 

上記のオススメの動画視聴サービス3つのメリットや料金をご紹介します!

 

動画の種類なら『U-NEXT』

『U-NEXT』の特徴

✔動画本数14万本以上!

※そのうちの見放題は約9万本。(残りは課金して視聴できます)

✔書籍本数42万冊以上!

✔無料お試し期間31日

✔無料トライアル登録時に600円分のポイント付与、また、毎月1,200円分のポイント付与

------------------------------------------------------------------------
本ページの情報は2020年8月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
------------------------------------------------------------------------

 

無料期間を過ぎた後の月額料金は1,990円(税抜き)です。

※無料お試し期間に解約しても一切料金はかかりません。

 

「ないエンタメがない!」がキャッチコピーで動画本数なら圧倒的にU-NEXTですね! 

 

他の動画視聴サービスより割高ですが、毎月1,200円分のポイントが付与されるのが嬉しいですね。見放題にない新作映画も2,3本観れちゃいます。

 

僕もU-NEXTヘビーユーザーです。笑

 

 

CDも借り放題『TSUTAYA DISCAS』『TSUTAYA TV』

 

TSUTAYA DISCAS・TSUTAYA TVの特徴

✔TSUTAYA DISCASはCD・DVD借り放題

✔見放題のTSUTAYA TVは動画本数1万本

✔無料お試し期間30日

✔無料期間中に1,080円分のポイントが付与

 

 

 

無料期間が過ぎた後の月額料金は2,417円(税抜き) です。

1万本の動画見放題プランのみであれば月額933円(税抜き)になります。

※TSUTAYA TVも無料お試し期間に解約しても一切料金はかかりません。

 

 

CDやDVDレンタルし放題も利用したい人はTSUTAYA DISCASがオススメですね!

 

 

Amazon利用者なら『Amazon prime video』


Amazonプライム・ビデオ

 

Amazon prime videoの特徴 

月500円、年会費4,900円で利用できる

✔映画やTV番組などprime作品が見放題(1~3万本くらい)

✔prime会員で配送特典や100万曲以上の音楽が聴き放題

✔無料お試し期間30日

 

Amazon利用者なら文句なしでAmazon primeがオススメ。

観られる映画はそのときどきで異なってくるのと、本数はそこまで多くないですが、とにかく安いです!

追加料金なしのお急ぎ便が利用できたり特典も豊富です。

 

 

 

 

『死霊のはらわた』が好きな人にオススメの作品

 

 

最後に、『死霊のはらわた』が好きな人が「これも好きそうだなぁ」と思う作品をご紹介します!

本作品を観た後にぜひチェックしてみてください(^^♪

 

 

 

 『死霊のはらわたⅡ』 

 

見終わったら続編を観ましょう!

続編というよりリメイク的なストーリー展開。

主人公の左手に死霊が乗り移ったりと、これまた斬新な設定が楽しめます!

 

 

✔予告編動画はコチラ!

www.youtube.com

昔の動画なので少し面白いですww

 

 

『悪魔のいけにえ』 

 

死霊のはらわたよりも数年前に公開されたホラー映画「悪魔のいけにえ」です。

こちらは、幽霊だとか悪魔だとかではなく人間の恐ろしさ。

 

人の皮膚の仮面を被ったサイコパスな殺人鬼に襲われる話。

今となっちゃ真新しさはないけど、1970年代にこの映画がやっていたと考えると興奮しますね!!笑

 

 

 

✔予告編動画はコチラ!

www.youtube.com

 

『悪魔のいけにえ』は以下の記事でネタバレなしであらすじと見どころを紹介していますので、もしよければぜひ(^^♪

 

 

以上、映画『死霊のはらわた』のネタバレなしのあらすじと無料で観れる方法の紹介でした(^^)サスペンスやホラー、スリラー映画が好きなのでオススメあればコメントで教えてください(^^♪

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

ではまた。

ざす。