ド底辺サラリーマンの夢の叶え方

https://webplatform.github.io/docs/html/elements/head

ド底辺サラリーマンの夢の叶え方

心が軽くなる心理学やオススメの本や映画を紹介しています。

【映画】『悪魔のいけにえ』のネタバレなしのあらすじと無料で観れる方法の紹介


Hatena

ブログタイトル

ども!

映画大好きなライフコーチ 兼 ド底辺サラリーマンのけんいちです!

 

本記事は、映画『悪魔のいけにえ』のネタバレなしのあらすじと見どころを書いています。また、無料で観れる方法も紹介しています。

 

 

僕は映画をよく観るのですが、サスペンスやホラーが大好きなんです!


「サスペンス オススメ 映画」
でググった作品はほとんど観たかと思います。笑

でも、映画ってまだまだたくさんあるので、新しい面白い映画を日々発掘中(・∀・)

映画視聴本数は年間100本くらいですかね!

そんな僕がオススメする映画をご紹介していきます。

 

 

「史上最悪のサイコホラー映画!
「ホラー映画の草分け!」
 
 
1974年の作品ながら未だに高い人気を誇る「悪魔のいけにえ」は、人の皮を仮面として被った「レザーフェイス」という変態(?)に人がどんどん殺されていく話。
 
ホラー映画ですが幽霊ではなく人間、いわゆるサイコパスが次々と人を襲います。
僕は幼い頃、『13日の金曜日』のジェイソンを観てトラウマになった記憶がありますが、当時リアルタイムで観ていた人は同じようなトラウマになったことでしょう。
 
 
 
そんなサイコホラー映画のパイオニアでもある「悪魔のいけにえ」を、ネタバレなしであらすじと見どころ、そして無料で観れる方法もご紹介していきます!
 

 

『悪魔のいけにえ』は、1974年に公開されたアメリカの映画です(84分)。

(約5分で読めます) 

  

『悪魔のいけにえ』のネタバレなしのあらすじ

レザーフェイス



 
では、本作品のネタバレなしのあらすじです。

 

ある大学生の男女5人が、旅行でテキサスの片田舎に訪れていた。何もないような一本道の道路をドライブ中にヒッチハイクしている男に出会う。乗せてくれと懇願する男を車に乗せるが、ニタニタ笑っていたり、いきなり持っているナイフで自分の腕を切ったり、異常な行動をみせる。

そしてその男は大学生のひとりにいきなり切りつけてきたのだ。慌ててその男を下ろして、車を走らせていたところ、ある一軒家を見つける。その家に立ち寄るが、そこで大学生がひとりずつ殺されていくのだった・・・

 

 

✔予告編動画はコチラ!

www.youtube.com

 

 

それでは、感想と見どころと紹介します。

 

 

 

 

『悪魔のいけにえ』を観た感想と見どころ

映画のワンシーン



単純明快!シンプルなストーリー

 

大学生たちが、人の皮を被った不気味な大男「レザーフェイス」に襲われていく。

 

レザーフェイス

レザーフェイス。怖い・・・

ひとり、またひとりと殺されるが、特にこの大男の行動に意味があるわけでもなくただ殺戮を好んでるだけなのです。

 

なんとも卑劣で胸糞悪いですが、シンプルだからこそ伝わる怖さがあります。

 

どんでん返しとか裏があるのでは?という期待はできません。笑

この映画は最後まで、レザーフェイスの目的なんか描かれないのです。

 

人の皮を被り、チェーンソーを振り回して追いかけてくる様はマジで怖いです。

大学生たちも泣きながら走って逃げていきますが、本当にあと少し手を伸ばしたら捕まりそうってギリギリのところで逃げ回るシーンなんかはもうハラハラしすぎて見てられません!笑

 

 

「ただひたすら追いかけられる」という単純な展開だからこそ、この映画の魅力があるのでしょう。

 

 

CGの無い時代のリアリティ

 

CGなど無い時代にこのリアリティはすごいなぁと思いました。

 

CGがないから、グロさとしては控えめですが、それでもチェーンソーでグサっといく場面や、殺されるシーンなんかは目を伏せたくなります。。

 

でも、グロいのが苦手な人でも観れるかと思います。 

ホラー映画の草分け的作品は観ておきましょう(; ・`д・´)

 

 

他の方の感想やレビュー 

他の方の映画の感想を引用します(^^♪

 

 

 

そう、ストーリーがないんですよ。笑

ただ殺戮繰り返すだけ。

何かストーリー性が欲しかったり、オチを期待する人には面白くないかも。。

 

 

 

 

 

「印象派の絵」というような表現ができる人って素晴らしい!笑

 

 

 

 

レザーフェイスには家族がいるのですが、あの食事シーンが一番トラウマですね。

 「変態村」というスプラッター映画の監督の言葉です。

 

 

主要映画サイトの評価と感想が観れるリンクも貼っておきます♪

ネタバレありの場合は注意喚起あるので、リンクは安心して見られますよ

 

 

 

 

 

『悪魔のいけにえ』を無料で観る!

 

 

本作品はDVDもありますが、初めて観るなら動画視聴サービスで観るのがオススメです。

 

本作品の視聴情報はコチラ!

U-NEXT   

TSUTAYA TV 

Amazon prime video  

 

本作品は上記3種類すべてで「定額見放題」で視聴できます!

さすがホラー映画の金字塔!

 

 

上記のオススメの動画視聴サービス3つのメリットや料金をご紹介します!

 

動画の種類なら『U-NEXT』

『U-NEXT』の特徴

✔動画本数14万本以上!

※そのうちの見放題は約9万本。(残りは課金して視聴できます)

✔書籍本数42万冊以上!

✔無料お試し期間31日

✔無料トライアル登録時に600円分のポイント付与、また、毎月1,200円分のポイント付与

 

無料期間を過ぎた後の月額料金は1,990円(税抜き)です。

※無料お試し期間に解約しても一切料金はかかりません。

 

「ないエンタメがない!」がキャッチコピーで動画本数なら圧倒的にU-NEXTですね! 

 

他の動画視聴サービスより割高ですが、毎月1,200円分のポイントが付与されるのが嬉しいですね。見放題にない新作映画も2,3本観れちゃいます。

 

僕もU-NEXTヘビーユーザーです。笑

 

 

CDも借り放題『TSUTAYA DISCAS』『TSUTAYA TV』

 

TSUTAYA DISCAS・TSUTAYA TVの特徴

✔TSUTAYA DISCASはCD・DVD借り放題

✔見放題のTSUTAYA TVは動画本数1万本

✔無料お試し期間30日

✔無料期間中に1,080円分のポイントが付与

 

 

 

無料期間が過ぎた後の月額料金は2,417円(税抜き) です。

1万本の動画見放題プランのみであれば月額933円(税抜き)になります。

※TSUTAYA TVも無料お試し期間に解約しても一切料金はかかりません。

 

 

CDやDVDレンタルし放題も利用したい人はTSUTAYA DISCASがオススメですね!

 

 

Amazon利用者なら『Amazon prime video』


Amazonプライム・ビデオ

 

Amazon prime videoの特徴 

月500円、年会費4,900円で利用できる

✔映画やTV番組などprime作品が見放題(1~3万本くらい)

✔prime会員で配送特典や100万曲以上の音楽が聴き放題

✔無料お試し期間30日

 

Amazon利用者なら文句なしでAmazon primeがオススメ。

観られる映画はそのときどきで異なってくるのと、本数はそこまで多くないですが、とにかく安いです!

追加料金なしのお急ぎ便が利用できたり特典も豊富です。

 

 

 

 

『悪魔のいけにえ』が好きな人にオススメの作品

 

 

最後に、『悪魔のいけにえ』が好きな人が「これも好きそうだなぁ」と思う作品をご紹介します!監督のトビー・フーパ―は残念ながら2017年に亡くなってしまいました。

ホラー映画の巨匠フーパ―監督の作品を紹介します。

 

本作品を観た後にぜひチェックしてみてください(^^♪

 

 

 

『ポルターガイスト』 

 

こちらもフーパ―監督の代表作。

脚本はスティーブンスピルバーグです。

 

ある一家を襲うポルターガイスト現象。

娘が何も映っていないテレビに話しかけたり、家が揺れたり、非常にシンプルな巣とr-リーですが恐怖をあおりますね・・・

 

 

✔予告編動画はコチラ!

www.youtube.com

 

 

『ツールボックスマーダー』 

フーパ―監督の2004年の作品。

『悪魔のいけにえ』から30年。

CGやメイクも進化してきたので、顔が真っ二つに割れたり、グロが増しています(笑)

 

あるアパートに越してきた若い夫婦ふたりが恐怖のどん底に叩き落されます。

住人が次から次へと消えたり、4のつく部屋だけなかったり。。。

 

設定がとても面白いです!

 

 

✔予告編はコチラ!

www.youtube.com

 

 

 

以上、映画『悪魔のいけにえ』のネタバレなしのあらすじと無料で観れる方法の紹介でした(^^)サスペンスやホラー、スリラー映画が好きなのでオススメあればコメントで教えてください(^^♪

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

ではまた。

ざす。