ド底辺サラリーマンの夢の叶え方

https://webplatform.github.io/docs/html/elements/head

ド底辺サラリーマンの夢の叶え方

心が軽くなる心理学やオススメの本や映画を紹介しています。

お金がなくなる恐怖から脱出する方法【考え方ひとつで余裕が生まれる】


Hatena

ブログタイトル

ども!

ライフコーチ 兼 ド底辺サラリーマンのけんいちです!

 

「お金を使うと、どんどんなくなってしまうという恐怖から逃れられない!」

「お金が全然貯まらないという悩みから抜け出せない!」

 

 

本記事では、こんなお悩みを解決します。

僕も数年前までは支出が多く全然お金も貯まらなかったので、常にお金がなくなる恐怖と隣り合わせでした。

 

でも、今は貯金も数百万円あり、心の余裕もできて、なおかつ、お金を使うたびに喜びを感じられるようにまでなりました。

数年前とそんなに収入は増えていないのに。

 

主に「お金を使うとはどういうことなのか?」というマインド、考え方を変えていけるような内容を書いてます。

お金を貯める方法も少し触れてますが、それがメインではないので、「支出を抑えお金を貯める方法」を知りたい方はそっとページを閉じてくださいm(._.)m

 

 

(約5分で読めます)

 

お金がなくなる恐怖から脱出する方法

脱出,ジャンプ

「お金を使う」という意味を考える

僕がやったことは特別なことでもなんでもありません。

「お金を使う」ということはどういうことなのか、という意識を変えただけです。

 

 

それは、自分がお金を使うことで、『誰かを喜ばせているんだ』ということを意識することです。

 

例えば、服を買うにしてもそれまでの過程にはたくさんの人が関わっています。それをデザインした人、それを作ってくれた工場の人、そして、それをお店まで運んでくれた人や店頭で売っている店員さんまで多くの人が関わっているんです。

 

お金を使うことが誰かにお金を取られてしまうことだと考えているといつまでたってもお金にはネガティブな感情がつきまといます。

 

コンビニで払う100円のコーヒーでさえ、レジのアルバイトさんのお給料になるんだから、誰かを幸せにしているのです。

人を幸せにしているんだと自覚してみましょう。

僕も、特に人へのプレゼントでは値段は気にしないようになりました。

 

 

今あるお金に感謝する

また、今あるお金にも感謝しましょう。

「手取りが少ない!」とか「ないもの」に目を向けて嘆いていたって収入は増えませんよね。笑

 

まず今手元にあるお金に感謝しましょう。

そのお金だって他の人が「ありがとう」とあなたに感謝して払ったお金です。

 

その気持ちを受け取るような気持ちでいると、大変ありがたく思えますよ。

お金に対するイメージをネガティブなものからポジティブなものに変えていきましょう!

 

 

お金を使って自分が何を手に入れようとしているのか考える

 

これは浪費グセを治すときに僕がやっていたことです。

 

僕も一時期、毎月給料全部使うくらい浪費癖がすごかったです。笑

貯金もせず、社会人にもなって親にお金を借りていたくらいのクソ野郎でした。。

そんな僕もさすがに「このままではやばい!」と思い、お金を貯めようと思いましたが、まず毎月2,3万洋服に使っていた分を見直しました。

 

 

衝動で欲しくなった服って意外にほとんど着てないものもあったりするんですよね。

服ってなんのために買うんだろう?と考えたときに「オシャレしたい」「服が好き」「カッコよく見られたい」という目的でした。

 

別にコレクションが目的ではないので、そんなにたくさん買わなくていいやと思えたのです。

本当に欲しいものにだけ絞るようにしていたら、今では数ヶ月に1着買うかどうかくらいにまで減りました。

 

自分は、お金を払って買う物を通して何を手に入れようとしているのか考えてみましょう。

本当の目的を見出すと、必要なのか不要なのか分別できるようになってきます。

 

 

 

世の中すべて解釈

考えている


 

なぜ僕が、お金を払うことに対する意識に注目したかというと、「世の中すべて解釈」だと思っているからです。

 

哲学者ニーチェもこう言っています。

事実というものは存在しない。

存在するのは解釈だけである。

 

 

出来事や物事には意味なんてありません。

自分で解釈することによって意味がなされるのです。

コップに水が半分入っているのを見て「半分もある」と思うか「半分しかない」と思うか、というのと同じです。

 

自分でお金を使うとはどういうことなのか解釈し直しましょう。

お金を使うこと=お金がなくなると解釈してる人は考え直せばいいだけ。誰にだって出来ます。

 

 

どうしてもお金がたまらないときは

お金


 

「そんなこと言ったって、収入が少なすぎて余裕もクソもない!!」

 

そんな人は、意識だけじゃなく実際に支出を減らしていきたいですね。

僕は節約のプロでもなんでもないので、以下のYouTubeのリンクを貼っておきます。

 

www.youtube.com

 

Twitterでもフォロワーも多く、YouTubeも登録者数が35万人以上いる方です。

節約やお金についての知識が身に付きますよ(^^♪

 

僕も実際に、スマホを格安スマホに変えたりして支出を抑えました。 

 

 

お金は「感謝」の形

感謝


 

お金を払う、お金をあげるということは「感謝」を表現するということです。

逆にお金を貰うということは、あなたは「感謝」されているということです。

 

なのに、「お金」に対するイメージをネガティブにしているなんて、もったいないですよね。笑

 

お金は巡り巡って自分に返ってきます。

感謝してお金を使ったら、自分も感謝されてお金が巡ってくるんです。

 

人から感謝されるようなことをしていきたいですね。

 

お金にまつわる本でオススメのものを2冊ほどご紹介して終わります。

 

僕の大好きな作家の本田健さんの著書。

お金=エネルギーだ、と論じていて、先ほど僕が書いた「お金への意味付け」についても書かれている本です。

お金に対するネガティブなイメージを一掃できますよ。

 

 

 

 

 

村上ファンドで一財を築いた投資家、村上世彰さんの本。

お金とはなんなんだ?ということや本来お金は幸せなものだということを教えてくれます。

お金の知識がない中学生とかにも読んで欲しい内容で、この本もネガティブなイメージを抱いている人の考えを変えるキッカケになると思います(^^♪

 

 

 

 

以上、最後までお読みいただきありがとうございました!

ではまた。

ざす。