ド底辺サラリーマンの夢の叶え方

https://webplatform.github.io/docs/html/elements/head

ド底辺サラリーマンの夢の叶え方

ライフコーチの僕が心が軽くなる心理学についての記事を書いています。また、読書と映画鑑賞が趣味なので、面白かった本や映画も紹介しています。

【映画】「アメリカン・サイコ」のネタバレなしのあらすじと無料で観れる方法の紹介


Hatena

ブログタイトル

ども!

映画大好きなライフコーチ 兼 ド底辺サラリーマンのけんいちです!

 

本記事では、映画『アメリカン・サイコ』のあらすじと超個人的感想、そして無料視聴方法も紹介します(^^♪

 

 

僕は映画をよく観るのですが、サスペンスやホラーが大好きなんです!


「サスペンス オススメ 映画」
でググった作品はほとんど観たんじゃないかと思います。笑

でも、映画ってまだまだたくさんあるので、新しい面白い映画を発掘しようと日々鑑賞してます(・∀・)

 

 

 
「ウォール街のエリートの異常なサイコパスストーリー」
 
 
27歳で副社長。仲間とはうわべだけの付き合いでいつも「高級店の予約が取れたか」「誰が一番ハイスペックな名刺が作れたか」など見栄の張り合いばかり。
欲望うずまくウォール街のエリートたちの中でクリスチャン・ベール演じる男は、その歪んだ性格から「殺人」でしか欲を満たせなくなっていく。。
 
そんなサイコパス野郎の墜落ストーリーです。
 
それでは、『アメリカン・サイコ』のネタバレなしのあらすじと個人的感想、そして無料で観れる方法もご紹介していきます!
 

 

『アメリカン・サイコ』は、2000年に公開されたアメリカの映画(102分)。

 

 

(約5分で読めます) 

 

 

『アメリカン・サイコ』のネタバレなしのあらすじ

 

クリスチャンベール

 


では、本作品のネタバレなしのあらすじです。

 

マンハッタンのウォール街で投資会社の副社長を務めるエリートのパトリック・ベイトマン(クリスチャン・ベール)は、裕福で、ハンサムで、美人な婚約者もいて何不自由なく暮らしているが、心に闇を抱えていた。

ウォール街のエリート仲間との会話は、いつも見栄の張り合いで、誰が高級店の予約を取れたか、誰が一番カッコいい名刺を作れたかなど、そんな会話のみでうわべだけの付き合いになっていた。

そんな退屈な毎日のなかで、パトリックはある衝動に駆られる。

それは「人殺し」だった。ホームレスや売春婦などを見つけては優しいそぶりを見せて殺すという残虐な行為をしていた。

自分でも殺しでしか充実感を得られないことに悩みながら最後に彼が下す決断とは...

 

 

✔予告編動画はコチラ!

www.youtube.com

 

 

 

それでは、感想と見どころと紹介します。

 

 

 

 

『アメリカン・サイコ』を観た感想と見どころ  

クリスチャンベール

 

クリスチャン・ベールの怪演

 

これこそ、サイコパス!という非常にゾッとする演技でした。

20年も前の映画とは思えない。

 

この映画でクリスチャン・ベールのファンになった人も多いくらい素晴らしい演技でした。

当時は、27歳の主人公と同い年くらいだったこともあり、よりリアルな印象を受けました。

 

見栄の張り合いで、仲間が自分より拘ったリッチな名刺を出してきたときの「負けた!」という悔しそうな顔。

人を殺す時に快楽に満ちた顔。

人を見下すような不敵な笑み。

 

映画のワンシーン

自分より良い名刺を出され、悔しそうな表情のパトリック

 

どれを取っても怪演という言葉がピッタリな演技でした。

 

 

報われないもどかしさ

 

ただのサイコパス野郎が残虐なことを繰り返していくというだけではありません。

サイコパスだからこその悩みもあり、パトリックの苦悩も描かれています。

 

殺しでしか充実感を得られない自分に悩みながらも解決できず、報われないもどかしさがうまく描かれています。

 

殺しはしてなくても少なからずこんな金持ちって実在しそうだなと思わせるようなストーリーです。

 

ラストにはある決断をしますが、それも虚しく、、、

といった感じです。

 

 

 

 

 

他の方の感想やレビュー 

他の方の映画の感想を引用します(^^♪

 

 

すべて完璧なほど、サイコパスとして恐怖が増しますよね。。

 

 

 

最後は含みを持たせるような終わり方でしたね。

確かに、性的なシーンが多く、デートで見ることはオススメできません(笑)

 

 

 

 

20年前の映画ですが、今でも通ずるところがある社会風刺ですね。 

 

 

 

主要映画サイトの評価と感想が観れるリンクも貼っておきます♪

なかなかの高得点!

ネタバレありの場合は注意喚起あるので、リンクは安心して見られますよ

 

 

 

 

 

『アメリカン・サイコ』を無料で観る!

本作品はDVDもありますが、初めて観るなら動画視聴サービスで観るのがオススメです。

 

オススメの動画視聴サービスを3つご紹介します!

 

動画の種類なら『U-NEXT』

『U-NEXT』の特徴

✔動画本数14万本以上!

※そのうちの見放題は約9万本。(残りは課金して視聴できます)

✔書籍本数42万冊以上!

✔無料お試し期間31日

✔無料トライアル登録時に600円分のポイント付与、また、毎月1,200円分のポイント付与

 

無料期間を過ぎた後の月額料金は1,990円(税抜き)です。

※無料お試し期間に解約しても一切料金はかかりません。

 

「ないエンタメがない!」がキャッチコピーで動画本数なら圧倒的にU-NEXTですね! 

 

他の動画視聴サービスより割高ですが、毎月1,200円分のポイントが付与されるのが嬉しいですね。見放題にない新作映画も2,3本観れちゃいます。

 

 

 

僕もU-NEXTヘビーユーザーです。笑

 

 

CDも借り放題『TSUTAYA DISCAS』『TSUTAYA TV』

 

TSUTAYA DISCAS・TSUTAYA TVの特徴

✔TSUTAYA DISCASはCD・DVD借り放題

✔見放題のTSUTAYA TVは動画本数1万本

✔無料お試し期間30日

✔無料期間中に1,080円分のポイントが付与

 

 

 

無料期間が過ぎた後の月額料金は2,417円(税抜き) です。

1万本の動画見放題プランのみであれば月額933円(税抜き)になります。

※TSUTAYA TVも無料お試し期間に解約しても一切料金はかかりません。

 

 

CDやDVDレンタルし放題も利用したい人はTSUTAYA DISCASがオススメですね!

 

 

Amazon利用者なら『Amazon prime video』


Amazonプライム・ビデオ

 

Amazon prime videoの特徴 

月500円、年会費4,900円で利用できる

✔映画やTV番組などprime作品が見放題(1~3万本くらい)

✔prime会員で配送特典や100万曲以上の音楽が聴き放題

✔無料お試し期間30日

 

Amazon利用者なら文句なしでAmazon primeがオススメ。

観られる映画はそのときどきで異なってくるのと、本数はそこまで多くないですが、とにかく安いです!

追加料金なしのお急ぎ便が利用できたり特典も豊富です。

 

 

本作品は、

『U-NEXT』では見放題プランで観られます!

『Amazon prime video』では有料レンタルになります。

『TSUTAYA TV』には残念ながらありませんでした・・・

 

 

 

『アメリカン・サイコ』が好きな人にオススメの作品

 

 


最後に、『アメリカン・サイコ』が好きな人が「これも好きそうだなぁ」と思う作品をご紹介します!

 

本作品を観た後にぜひチェックしてみてください(^^♪

 

 

 

『ウルフ・オブ・ウォールストリート』 

 

同じくウォール街が舞台の映画。

設定が非常に似ていて、ウォール街で荒稼ぎする若き株式ブローカーの苦悩を描く作品です。

 

レオナルド・ディカプリオ演じる無名のブローカーは巧みな話術でメキメキ頭角を現し、26歳で投資会社を設立し、年収49億円になるほどにまで成長。

 

しかし、金にモノを言わせ、欲望のまま浪費に次ぐ浪費を繰り返していた彼は、どんどん転落していきます。

 

 

 

✔予告編はコチラ!

www.youtube.com

 

 

 

 『エスター』 

 

言わずと知れた名作なのですでに観たことある人が多いかもしれませんが、「良い人に見えて実はサイコパス」と言った設定のなかで『エスター』が一番好きなので、載せました。

 

ある夫婦が孤児院にいたエスターという少女を引き取り家族に迎えます。

しかし、この少女の周りではおかしなことが連続で続きます。

 

この少女の秘密が暴かれたとき驚愕します。

大どんでん返しを味わいたい人にオススメ。

 

 

 

✔予告編動画はコチラ!

 

www.youtube.com

 

 

 

以上、映画『アメリカン・サイコ』のネタバレなしのあらすじと無料で観れる方法の紹介でした(^^)サスペンスやホラー、スリラー映画が好きなのでオススメあればコメントで教えてください(^^♪

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

ではまた。

ざす。