ド底辺サラリーマンの夢の叶え方

https://webplatform.github.io/docs/html/elements/head

ド底辺サラリーマンの夢の叶え方

ライフコーチの僕が心が軽くなる心理学についての記事を書いています。また、読書と映画鑑賞が趣味なので、面白かった本や映画も紹介しています。

【映画】『女神の見えざる手』のネタバレなしのあらすじと無料で観れる方法!


Hatena

ブログタイトル

ども!

映画大好きなライフコーチ 兼 ド底辺サラリーマンのけんいちです!

 

本記事では、映画『女神の見えざる手』のあらすじと超個人的感想、そして無料視聴方法も紹介します(^^♪

 

 

僕は映画をよく観るのですが、サスペンスやホラーが大好きなんです!


「サスペンス オススメ 映画」
でググった作品はほとんど観たんじゃないかと思います。笑

ホラー映画も、ガンガン観ています!

 

 

 
「裏の裏の裏をかく天才ロビイストの闘い!」
「ラストの大どんでん返しは鳥肌もの!」
 
 
ロビイストは日本ではなじみがないですがアメリカでよく知られています。
自分が支持する政治活動を有利に進めていくために活動(=ロビー活動)する個人や団体のこと。
 
やり手の女性ロビイストが強大な反対勢力と闘いあうストーリー。
相手のスキャンダルを見つけたり、自分に有利になるよう支持者を味方に付けたり、相手の裏の裏の裏をかくように動き続けます。
 
そしてラストの大どんでん返しではおもわずうなってしまいました(笑)
最高に面白かったです!
 
 
 
ネタバレなしであらすじと見どころを書きました。そして、無料で観れる方法もご紹介!
 

 

『女神の見えざる手』は、2017年に公開されたフランスとアメリカの合作映画(132分)。

 

 

(約5分で読めます) 

 

 

『女神の見えざる手』のあらすじ【ネタバレなし】 

主人公スローン



では、本作品のネタバレなしのあらすじです。

 

勝つためなら手段を選ばない、仲間をも騙す、ほぼ負けなしの天才ロビイストであるエリザベス・スローン(ジェシカ・チャスティン)は、ある大きな団体から自分たちの法案を通せるようにロビー活動を依頼される。それは、『女性の銃保有』を認めるというものだったが、エリザベスはキッパリと断る。この団体のバックには大物議員もついていて、断るということは政治家をも敵に回すことになる。それを恐れたエリザベスの上司は「断るなら君はクビだ」と通達する。

ある日、パーティで出会った「銃を規制する法案」を通したい小さなロビー団体の社長にエリザベスはスカウトされる。女性の銃保有には反対していた立場だったのでこの団体への移籍を決める。

自分たちの法案を通すために、昔の職場の人たちと闘うことになるが、巨大な組織を敵にすることで、天才ロビイストのエリザベスも苦戦を強いられ、苦しむ。

相手の裏をかき合う闘いに、最後に笑うのは誰なのか?!

 

 

✔予告編動画はコチラ!

www.youtube.com

 

 

 

それでは、感想と見どころと紹介します。

 

 

 

 

『女神の見えざる手』を観た感想と見どころ 

映画のワンシーン

瞬きできない攻防!

天才ロビイストのエリザベス・スローンと敵対する巨大な団体との攻防に目が離せません!

 

スローンが一歩リードしたかと思えば、相手もその先を行く。

そして、スローンは味方をも騙してさらにその裏をかく。

 

「次はどうなっちゃうの?!」と展開にワクワクします。

 

 

主人公のエリザベス・スローンは、眠気を吹き飛ばすようなヤバい薬を飲んで寝る間も惜しんで働き、恋愛もせず性欲はそっち系のサービスで満たすような、人には弱みは決してみせない性格。

 

そんなエリザベスもあるスキャンダルを取られてしまいます。

裁判での聴聞会のシーンからこの映画はスタートし、過去にさかのぼっていくような作りになっているんです。

 

パーフェクトだったスローンからボロが出てしまい、裁判にかけられて大ピンチ!

ここからの大逆転劇があるのかどうか?!

 

瞬きひとつできない息をのむ展開です!!

 

 

 

 

 

伏線とラストの大どんでん返し

 

瞬きすらできない攻防が繰り広げられる中、絶体絶命のスローンの最後の作戦が成功するのかどうか?!

ラストは本当に「えーーー!すげーー!」と声をあげてしまいました(笑)

 

 

このラストは本当に鳥肌もんです!!

 

 

大どんでん返しって僕の好きなジャンルなのですが、久しぶりに爽快な気分で騙された!と思える映画に出会いました。

「伏線回収」「大どんでん返し」が好きな人は、絶対観たほうがいいです!! 

 

 

 

他の方の感想やレビュー 

他の方の映画の感想を引用します(^^♪

 

 

作中にも「ロビー活動とは、相手の先手を打つこと」というスローンの言葉があります。

常に勝利に向かって手を打っているスローンに観ているものもやられます!

 

 

 

 

 

主人公のジェシカ・チャスティンが本当に『強い女』のハマり役で素晴らしかったです!

 

 

 

 

ぜひ、掌の上でもてあそばれて楽しんじゃいましょう!笑

 

 

 

主要映画サイトの評価と感想が観れるリンクも貼っておきます♪

ネタバレありの場合は注意喚起あるので、リンクは安心して見られますよ(^^♪

かなり高得点ですね。

 

 

 

 

『女神の見えざる手』を無料で観る! 

 

本作品はDVDもありますが、初めて観るなら動画視聴サービスで観るのがオススメです。

 

動画の種類なら『U-NEXT』

『U-NEXT』の特徴

✔動画本数14万本以上!

※そのうちの見放題は約9万本。(残りは課金して視聴できます)

✔書籍本数42万冊以上!

✔無料お試し期間31日

✔毎月1,200円分のポイント付与

 

無料期間を過ぎた後の月額料金は1,990円(税抜き)です。

※無料お試し期間に解約しても一切料金はかかりません。

 

「ないエンタメがない!」がキャッチコピーで動画本数なら圧倒的にU-NEXTですね! 

 

他の動画視聴サービスより割高ですが、毎月1,200円分のポイントが付与されるのが嬉しいですね。見放題にない新作映画も2,3本観れちゃいます。

 

 

 

僕もU-NEXTヘビーユーザーです。笑

 

 

CDも借り放題『TSUTAYA DISCAS』『TSUTAYA TV』

 

TSUTAYA DISCAS・TSUTAYA TVの特徴

✔TSUTAYA DISCASはCD・DVD借り放題

✔見放題のTSUTAYA TVは動画本数1万本

✔無料お試し期間30日

✔無料期間中に1,080円分のポイントが付与

 

 

 

無料期間が過ぎた後の月額料金は2,417円(税抜き) です。

1万本の動画見放題プランのみであれば月額933円(税抜き)になります。

※TSUTAYA TVも無料お試し期間に解約しても一切料金はかかりません。

 

 

CDやDVDレンタルし放題も利用したい人はTSUTAYA DISCASがオススメですね!

 

 

Amazon利用者なら『Amazon prime video』


Amazonプライム・ビデオ

 

Amazon prime videoの特徴 

月500円、年会費4,900円で利用できる

✔映画やTV番組などprime作品が見放題(1~3万本くらい)

✔prime会員で配送特典や100万曲以上の音楽が聴き放題

✔無料お試し期間30日

 

Amazon利用者なら文句なしでAmazon primeがオススメ。

観られる映画はそのときどきで異なってくるのと、本数はそこまで多くないですが、とにかく安いです!

追加料金なしのお急ぎ便が利用できたり特典も豊富です。

 

 

本作品は、『U-NEXT』『Amazon prime video』では登録すれば見放題プランで観られます!

『TSUTAYA TV』では、有料レンタル500円ですが、無料トライアル申し込みでポイント貰えるので実質タダです。

 

 

 

『女神の見えざる手』が好きな人にオススメの作品

『女神の見えざる手』のポスター



 

最後に、『女神の見えざる手』が好きな人が「これも好きそうだなぁ」と思う作品をご紹介します!

 

本作品を観た後にぜひチェックしてみてください(^^♪

 

 

 

『鑑定士と顔のない依頼人』 

 

 

2013年公開のイタリア映画『鑑定士と顔のない依頼人』です。

 

天才美術品鑑定士のヴァージルが、「親の遺産である美術品や家具を査定してほしい」という依頼を受けます。

豪邸である屋敷に着くと、なぜかその依頼人の女性は姿を現しません。

人前に出たくないという謎の女性に戸惑うも、だんだんと惹かれていき、何度かその屋敷に通うようになるが、実は女性にはある秘密が・・・

 

ラストのオチはどんでん返し+超胸糞悪いので、オススメです(笑)

 

『女神の見えざる手』はフランスとアメリカの合作で、『鑑定士と顔のない依頼人』はイタリア映画の映画で、ラストのどんでん返しのオチの雰囲気が似てるんですよね。

ヨーロッパの特徴なのかな(笑)

 

ラストに驚愕できます!

 

 

 

✔予告編はコチラ!

www.youtube.com


 


ネタバレなしの紹介記事も書いていますので、もし興味あればぜひ♪

 

 

 

 

 『ユージュアル・サスぺクツ』

 

 

1996年のアメリカの映画「ユージュアル・サスぺクツ」です。

「爽快などんでん返しのラスト」として似ているなと思ったので紹介です。

「どんでん返し映画」としては金字塔的な存在なので観た人も多いかも。

 

ざっくりあらすじは以下の通りです。

 

ある旅客船の爆破事故が起こり、その犯人捜しのため、生き残ったキントという人物に事情聴取を始めて謎を解いていくというストーリーなのですが、このキントという人物をケヴィン・スペイシーが演じています。

前科のある男5人が集められ、裏の社会を牛耳っているマフィアのボス『カイザー・ソゼ』という人物に船の爆破を命じられたとキントが語るのですが、ラストにどんでん返しが用意されています。

 

最後の5分で度肝を抜かれます。

マジで鳥肌立ちました。

 

 

 

✔予告編動画はコチラ!

www.youtube.com

 

 

『ユージュアル・サスぺクツ』も以下の記事でネタバレなしのあらすじを紹介していますので、もし興味があればぜひ。

 

 

以上、映画『女神の見えざる手』のネタバレなしのあらすじと無料で観れる方法の紹介でした(^^♪

久しぶりにこんな爽快などんでん返し映画を観て大満足です!!

 

サスペンスやホラー、スリラー映画が好きなのでオススメあればコメントで教えてください(^^♪

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

ではまた。

ざす。