ド底辺サラリーマンの夢の叶え方

https://webplatform.github.io/docs/html/elements/head

【書評 vol.107】人間関係の悩みは聖書で解決!「聖書が教える人間関係50の知恵」著: 内藤誼人


Hatena

ども!

読書好きなライフコーチ 兼 ド底辺サラリーマンのけんいちです!

 

突然ですが、この記事を読んでくださっているあなたは聖書を読んだことありますでしょうか?

 

「なんとなく怪しい」

「宗教は騙されそうで嫌だ!」

 

など、勧誘も多い宗教って日本人には敬遠されがちなので、歴史好きの人とか信者の方以外はなかなか聖書を読む機会がないんではないでしょうか。

 

ただ、聖書からの学びは非常に多く、人間関係や強い自分を作るのにも役に立つのです。

 

聖書を避けていた心理学者の方が、「聖書ってこんなに学べることがあるんだ!」と感銘して書いた本がとても良かったのでご紹介します!

 

それはコチラ!

 

 

 

 

著者の内藤誼人さんは、すでに200冊以上の本を出版している心理学者の方です。

僕もこの方の他の本を持っています。

 

 

この方が面白いのは、宗教はなんとなく避けていたのですが、あるときホテルに宿泊した際、どうしても本が読みたくなり仕方なく部屋にあった聖書を読んだことがキッカケでハマったということ。

 

この本は、心理学の本として読めますので、オススメです!

 

(約5分で読めます)

 

こんな人に読んでほしい!

本



・人間関係で悩んでる人

・聖書はハードルが高いと思ってる人

・なりたい自分に近づきたい人

 

この本は以下のような章の構成になっています。

 

第1章 人間関係がうまくいく10の知恵

第2章 すべてを味方につける10の知恵

第3章 生きる力が湧いてくる10の知恵

第4章 ビジネスがうまくいく10の知恵

第5章 「なりたい自分」になる10の知恵

 

人間関係や、生きること、なりたい自分に近づくためにも役立つ聖書の教えが現代文でわかりやすく解説されています。

 

「イキナリ聖書読むのはハードルが高いわ...」という方にもオススメです!

ただ、聖書が全部網羅されてるわけじゃないのであしからず。

 

 

この本の要点と僕が伝えたいこと

本,まとめ

聖書には、私たちが生きていく上で非常に役に立つ知恵がたくさん詰まっている。

宗教としてよりも、私たちに役に立つ知恵として本書は書かれている。

嫌いな人との接し方、なりたい自分になるコツなどが紹介されているので、人間関係やブレない自分を手に入れるために本書をぜひ活用しよう!

 

 

「嫌いな人との接し方」のコツ

嫌い

 

聖書でこういう言葉が残されています。

 

しかし、わたしは言っておく。敵を愛し、自分を迫害する者のために祈りなさい。あなたがたの天の父の子となるためである。父は悪人にも善人にも太陽を昇らせ、正しい者にも正しくない者にも雨を降らせてくださるからである。

ーマタイによる福音書5章44・45節

(12pより引用)

 

このように『敵を愛する=嫌いな人も愛する』ことが大切だと聖書では説かれています。

 

嫌いな人を好きになることはかなり難しいですよね。

でも、嫌いな人に良いところがないか探したり、口先だけでも愛想よくしていれば自分の気持ちが少し変わっていきます。

 

これ、僕も実感してますが、嫌な人にもニコニコ笑顔で挨拶したり、褒めたりすると自分まで嫌悪感が和らぐのです。

 

嫌いな人は「嫌いだー!」と避け続けるのではなく口先だけでもいいので好意を示してみてはどうでしょうか。

 

スタンフォード大学のレオン・ファスティンガーの実験によると、退屈な仕事であっても、「ああ、おもしろい」とか、「なんて楽しい作業なんだ」とウソの言葉を並べ立てていると、本当にその作業におもしろさを感じていくのだという。(14pより引用)

 

言葉の力は偉大ですね!

 

 

 

また、相手を赦すことについてもこう書かれています。

 

イエスは言われた。「あなたに言っておく。七回どころか七の七十倍までも赦しなさい。」

ーマタイによる福音書18章22節

(60pより引用)

 

 

イエス・キリストは「とにかく人を赦せ」といいます。

「無理だよ!!」と思う人も多いと思いますし、僕もなかなか出来ないですね...

 ただ、著者も言っていますが、「人を赦すのは自分のため」と思うと少しずつ人を赦すことが出来るようになります。

 

 

イライラしたり、文句を言ったりするのは結局自分にデメリットあることですよね。人を赦してあげて「私って優しいなー」と思う方が良いですよね。

 

 

なりたい自分になる方法

なりたい自分,自由

夢を叶え、なりたい自分になるためには、「すでにそうなっていると考える」ことが大切だと言います。

 

だから、言っておく。祈りを求めるものはすべて既に得られたと信じなさい。そうすれば、その通りになる。

ーマタイによる福音書11章 24節(120pより引用)

 

聖書の教えでも「既に得られたと信じなさい」と言われています。

願いを叶えたいなら「こうなれたらいいな」ではなく、「こうなる」と断言するべきなんですね。

 

既に一流の人間になったと思い込めば、物腰も、話し方も、一流の人間っぽくなっていくだろう。お金はなくても、一流のホテルに宿泊したり、飛行機に乗るときにも背伸びをしてファースト・クラスになったりするであろう。不思議なことに、そうやって行動しているうちに、彼は一流の人間になってしまうのである。(121pより引用)

 

 

一種の暗示ですが、イメージして「なりたい理想の自分」の通りに行動することで、それに伴った結果を引き寄せるので、成長していくということです。

 

現代でも言われてることは大昔、イエス・キリストの教えでも既に存在してたんですねー

 

 

人間関係の悩みは聖書で解決!

聖書を読む子ども


 

50個あるうちの3個しか紹介しませんでしたが、他にも役に立つ知恵がたくさんあります。

 

・他人の悪口を言わない

・他人の言動より自分の行動に目を向ける

・他人には大盤振る舞いする

・たったひとつでいいから長所に目を向ける

etc

 

 

 

聖書は最強のビジネス書だ!!

 

人間関係の悩みはほとんど聖書を読んで解決出来るんだなぁと分かりました。

 

他人との関わり方についてはかなり網羅されているかと。

中古だと500円くらいで買えちゃうので、お得です。

 

 

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

ではまた。

ざす。