ド底辺サラリーマンの夢の叶え方

【映画】「ゲット・アウト」のあらすじと無料視聴方法紹介【ネタバレなし】


Hatena

映画ゲット・アウト

ども!

ド底辺サラリーマンのけんいちです!

 

本記事では、映画「ゲット・アウト」のあらすじと超個人的感想、そして無料視聴情報も紹介します(^^♪

 

 

僕は映画をよく観るのですが、サスペンスやホラーが大好きなんです!




「サスペンス オススメ 映画」
でググった作品はほとんど観たんじゃないかと思います。笑

 

今回も「サスペンス 映画」とググって見つけた映画を『U-NEXT』で視聴したのでご紹介!

 

 

「全米初登場1位!」

「ホラー映画でアカデミー脚本賞受賞!」

 

 

アメリカの喜劇俳優(コメディアン)のジョーダン・ピール氏が初映画監督の作品。

そしてホラー映画「パラノーマルアクティビティ」 を手掛けたジェイソン・ブラムが制作に携わった話題作!

低予算映画ながらも、全米で大ヒットし第90回アカデミー賞では脚本賞を受賞。

 

ホラー映画に人種差別を織り込んだ話題作のあらすじをネタバレなしで紹介!

 

すべての伏線が回収されるラストが見どころの映画「ゲット・アウト」は、2017年に公開されたアメリカの映画(104分)。

原題は「GET OUT」です。

 

 

 

(約4分で読めます) 

 

 

「ゲット・アウト」のあらすじ【ネタバレなし】 

映画ジャケット



 

では、本作品のあらすじです。

 

黒人カメラマンのクリス(ダニエル・カルーヤ)は付き合って5カ月の彼女がいる。その彼女は美人な白人女性ローズ(アリソン・ウィリアムズ)という人で、今後の結婚も見据えて、彼女の実家にあいさつに行くことになる。自分が黒人だということで両親には反対されるんじゃないかと不安になるクリス。そんな心配もあったが、両親は豪邸に手厚くもてなしてくれた。翌日には親せきや友人を呼んだパーティが開かれ、皆白人であるが自分を歓迎してくれた。

しかし、ローズの実家の使用人が黒人であることに違和感を覚えるクリス。白人に使われている黒人。やはりこの家は差別的な考え方を持っているのか?その使用人に聞いてみても「ここは家族のように接してくれる」と笑顔を浮かべる。しかし目が笑っていないようで不気味な表情。

パーティに招かれた客の中にも黒人で若い男性がいたが、少し様子が変。20代と思われるのに非常に古風な恰好をしていて、奥さんはその若者の倍以上は年上な白人女性。しかも、その若者をふとカメラで写真を撮ったときにフラッシュを浴びると様子が激変し鼻血を垂らしながら「出ていけ!」と襲い掛かってくる。

彼女の実家は何かおかしい・・・

ところどころ感じる違和感がなんなのかわからないままストーリーが進んでいくが、最後にすべてが繋がるサスペンスホラー映画!

 

 

 

 

予告編動画はコチラ!

www.youtube.com

 

 

 

 

アメリカで初登場1位になった話題作!

 

人種差別をホラー映画に織り込んだ作品です。

非常に引き込まれました。

 

白人に使用人として使われている黒人。

パーティも白人ばかりで嫌な感じがするが皆、歓迎してくれる。

しかし、全員が黒人のクリスのことをじろじろ見てきて、必要以上の歓迎を受けることに不気味さを感じてしまいます。

 

 

「何かがおかしい・・・」

 

まさにこの言葉がピッタリで、ラストのオチがわかるまでなんか気持ち悪いまま映画は進んでいきます。笑

 

ちなみに、ホラー映画というジャンルですがホラーというよりは人間の怖さがにじみ出た作品なので幽霊とか苦手な人でもだいじょうぶですよ。

 

 

 

 

「ゲット・アウト」を観た感想と見どころ

映画のワンシーン

目を見開いたまま涙を流すクリス。一体何が・・・





不気味さと不安な感情が付きまとう新感覚ホラー!
 

「何かがおかしい」

 

映画のポスターにも書いてある通り、不気味さと不安さと違和感が続く新感覚のホラー映画です。

 

 

映画のワンシーン

笑いながら涙を流す黒人の使用人


 

 

映画のワンシーン

不敵な笑みでクリスを見つめる、彼女ローズの両親

 

映画のワンシーン

パーティでは歓迎されるも必要以上の視線を感じるクリス

 

俳優陣の演技も不気味で怖さを演出しています。

 

 

この家族には何か秘密がある・・・

黒人であるクリスを心から歓迎はしていない・・・

 

そこだけはわかるのですが、何をたくらんでいるのか、彼女ローズも信用できないのか?!

 

そんな疑問を抱きつつ最後まで引き込まれる映画です。

 

 

人種差別を考えさせられる映画

この映画のテーマは、「人種差別」。

 

しかし、単純に「黒人を差別する白人の問題」を描くだけではなく、そこには嫉妬、羨望、恐怖など様々な感情が入り乱れていることを教えてくれる映画です。

 

日本人だと、人種差別とは縁遠い存在なので「差別はいけない」と思いつつ、その複雑な背景を知ることはあまりありませんよね。

 

 

人種差別の問題というのは複雑なんだということをこの映画を観て理解することができ、もっと知らなければいけない歴史があるんだなと勉強になりました。

 

まさか、サスペンスやホラー映画を観てこんな感情になるとは思いませんでした(笑)

 

 

 

 

この映画は「サスペンス映画としての面白さ」「人種差別への問題提起」の2つを生み出す素晴らしい映画だと感じました。

 

 

「映画.com」の他の人のレビューが見られるリンクも貼っておきます♪

下記サイトでは3.7点の評価でした。

 

 

「ゲット・アウト」を無料で観る! 

 

本作品はDVDもありますが、初めて観るなら動画視聴サービスで観るのがオススメです。

 

動画の種類なら『U-NEXT』

『U-NEXT』の特徴

・動画本数14万本以上!(2019年11月現在)

※そのうちの見放題は約9万本。(残りは課金して視聴できます)

・書籍本数42万冊以上!

・無料お試し期間31日

 

無料期間を過ぎた後の月額料金は1,990円(税抜き)です。

※無料お試し期間に解約しても一切料金はかかりません。

 

「ないエンタメがない!」がキャッチコピーで動画本数なら圧倒的にU-NEXTですね! 

日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>無料トライアル実施中!

 

僕も『U-NEXT』で視聴しました!

 

 

 

CDも借り放題『TSUTAYA DISCAS』『TSUTAYA TV』

 

TSUTAYA DISCAS・TSUTAYA TVの特徴

・TSUTAYA DISCASはCD・DVD借り放題

・見放題のTSUTAYA TVは動画本数1万本

・無料お試し期間30日

・無料期間中に1,080円分のポイントが付与

 

 

 

無料期間が過ぎた後の月額料金は2,417円(税抜き) です。

1万本の動画見放題プランであれば月額933円(税抜き)になります。

※TSUTAYA TVも無料お試し期間に解約しても一切料金はかかりません。

 

 

CDやDVDレンタルし放題も利用したい人はTSUTAYA DISCASがオススメですね!

<映画・アニメ・ドラマ見放題・音楽や漫画も宅配レンタル>30日間無料!

 

 

Amazon利用者なら『Amazon prime video』


Amazonプライム・ビデオ

 

Amazon prime videoの特徴 

月500円、年会費4,900円で利用できる

・映画やTV番組などprime作品が見放題(1~3万本くらい)

・prime会員で配送特典や100万曲以上の音楽が聴き放題

・無料お試し期間30日

 

Amazon利用者なら文句なしでAmazon primeがオススメ。

観られる映画はそのときどきで異なってくるのと、本数はそこまで多くないですが、とにかく安いです!

追加料金なしのお急ぎ便が利用できたり特典も豊富です。

Amazonプライム・ビデオ

 

 

本作品は、『U-NEXT』と『TSUTAYA TV』で視聴できます!

『Amazon prime』にはありませんでした。。。

(2019年11月現在) 

 

 

 

「ゲット・アウト」が好きな人にオススメの作品

「ゲット・アウト」が好きな方は下記作品もオススメです!

 

 『凶悪』

 

 

2013年の日本の映画「凶悪」です。

今回の「ゲット・アウト」が僕の中で新感覚の映画だったので似ている他の映画を探すのが難しく、サイコパスっぽいなと感じたのでその繋がりで「凶悪」を紹介。

僕は日本の映画の中で一番好きです。

 

山田孝之演じるジャーナリストがある死刑囚の告発から解明されていない殺人事件の真相を暴いていくストーリーなのですが、殺人犯役のリリーフランキーとピエール滝の演技が本当に物凄くて鳥肌と本気の恐怖を感じた映画でした。

 

超観てほしい!!

 

 

 

予告編はコチラ!

www.youtube.com

 

 

『ファニーゲーム』 

 

 

史上最高に狂った問題作といえば『ファニーゲーム』でしょう!笑

僕が今まで観た映画の中で一番胸糞悪い映画でした。

 

1997年のオーストリアの映画。

「ゲット・アウト」で感じる「何かがおかしい・・・」という感情を嫌と言うほど味わえる映画です。

 

1997年のカンヌ国際映画祭で、あまりの衝撃的で残酷な内容に途中で席を退席してしまう人が続出したというほどの問題作。

 

勇気ある人だけ観てください。笑 

 

 

✅予告編はコチラ

www.youtube.com



 

 

 

 

以上です!

映画を観るのは楽しいですね!

何か良い作品があれば教えてください!「サスペンス」「どんでん返し」などが大好きです!

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

ではまた。

ざす。