ド底辺サラリーマンの夢の叶え方

絶対失敗しない会社選びのポイント【10年目サラリーマンが教えます】


Hatena

絶対失敗しない会社選びのポイント

ども!

ド底辺サラリーマンのけんいちです!

 

これから就職しようとしている人は、会社選びで何を重視するかってとても大切ですよね。

 

ただ、いろんな就活サイトには「会社のビジョン」「やりがい」「福利厚生」「大企業かどうか」などたくさんありすぎてわからないことも多いかと思います。

 

僕はサラリーマンになり約10年ですが、「会社選びのポイントはうまくいったなー」と今でも感じています。

 

✅何を基準に会社を選んだか

✅僕が選んだポイントが成功したと考えている根拠

 

上記のことを書いている記事なります。

これから会社を選ぶ人に向けて、大切な点を現役サラリーマンがまとめました(^^♪

 

 

 

(約4分で読めます)

 

絶対失敗しない会社選びのポイントとは

人のつながり

僕が考える『失敗しない会社選び』とは、『人』です。

 

会社は人で作られているので、働いている人たちが、良い人たちかどうか、尊敬できる人たちかどうかが一番大切だと実感しています。

 

もちろん会社の人たちが、いい人たちだからと言って、文系なのにシステムエンジニアになっても「やりがい」を感じなければ辛いでしょう。

 

でも、「絶対この仕事がしたい!」という人以外で「まだなんとなくしかやりたいことがわからない」という人はぜひその会社の人を見てみましょう。

 

・いつも笑顔で楽しそうにしているか

・若い人、年配の人がまんべんなくいるか

 (若い人たちばかりだと離職率が高い可能性もあります)

・人を大切にしている社風かどうか

 

 

など、実際に説明会などに行って触れてみることです。

 

ただ説明会などは会社の良い部分を見せようとしているので、普段の人となりをみるためには、会社がある場所に実際に行ってみたりするのもオススメです。

 

通勤時の会社のひとたちの顔や、会話を聞いてみましょう。

 

お昼時にその会社の近くのご飯屋さんに行って、そこの会社の人たちの雰囲気を見てみるのも良いと思います。

 

僕は、今の会社は説明会での人事担当の人の対応や、先輩社員の人たちの表情や話し方などを見て決めました。

 

食品メーカーなので、「食べることが好き」ということももちろん理由としてあったんです、学生当時は、やりたいことなんて明確ではなかったので、ある程度好きなことで業種を絞って、『人』を見て会社を決めました。

 

 

僕の会社は正社員が200人くらいの規模ですが、今まで出会った社内の人たちは本当に良い人ばかりで、入って良かったなと感じています。

 

 

 

僕の会社選びが失敗じゃなかったなと感じた理由 

人とのつながり

『人』をポイントに選ぶことが「失敗ではない」という理由は、「人間は周りの人に影響されるから」です。

 

当たり前ですが社会に出ると人と関わります。

 

毎日パソコンだけ、機械だけと向き合う仕事なんてほとんどないでしょう。

 

組織である限り、どんな形であれ人と接する場面は多々あります。

 

会社がどういう方向に進んでいくかも社長の人柄が出ますよね。

 

本当に会社は人でできているんだなぁとサラリーマンを10年もやっていると感じます。

 

 

人と接する限りは仕事内容よりも、会社は『人』で選んだ方が吉です。

 

 

仕事が苦しいときに支えになること

 

具体的に僕は『人』で会社を選んだことで最もよかったなと感じているのは、

「苦しいときに人が支えになり乗り越えられた」ということです。

 

 

僕も仕事に挫折して、凹みまくっていた時期がありました。

 

仕事内容も楽しいと感じられない時期が何年もありました。

 

それでも辞めなかったのは自分の会社の『人』が良かったからです。

 

そして、10年もサラリーマンをやっていて今は営業という仕事が楽しいです。

 

また営業という仕事を通して、人とのコミュニケーションスキルもアップしていると実感しています。

 

人としても成長できているのです。

 

もし若手の頃に「仕事つまんないし、尊敬できる人少ないから辞めよう」と仕事を辞めてしまっていたら、今のスキルは身に付いていなかったでしょう。

 

 

仕事は辛かったら辞めることもアリだと思います。

 

でも、辛いことを頑張って乗り越えたからこそ得られるものもあります。

 

 

 

会社選びで失敗しなければ得られるものは大きい 

成果

前述したように、会社選びで失敗せずに仕事を続けられることで得られるものは大きいです。

 

嫌なことを無理やりすることはありませんが、続けることで気づけることや見えてくるものがあります。

 

僕は「一流の営業マンになる」「後輩への指導力のアップ」という2つの目標に集中して仕事をしています。

 

このスキルはどんな会社に転職しても役に立つと思っているからです。

 

僕は「今の会社に入ってよかった」と思っていますが、今勉強しているコーチングも仕事にしたいと考えているので、いずれ脱サラを考えています。

 

今の時代、ひとつの会社にずっといるなんてことはめったにないので、会社選びも肩の力を抜いていいと思います。

 

一生の仕事に就活の短期間に出会えるわけありません。

 

仕事をしていくなかで自分の天職はわかってきます。

 

「これで人生が決まる・・・!」

なんて力まずにしましょう。

 

そんな中で『人』をポイントに選んだ方がいいと僕は感じています。

 

 

今から会社を選ぶ人の役に立てれば幸いです。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

ではまた。

ざす。