ド底辺サラリーマンの夢の叶え方

時間がない人が効率よく痩せるための運動と食事方法を公開【半年で7㎏痩せました】


Hatena

ども!

 

ド底辺サラリーマンのけんいちです!

 

 

 

『夏に向けて体を絞りたい!!』

 

 

毎年春になると考える人が多いかと思います。

 

そんな僕も冬あたりから夏に照準を定め(笑)、体を絞るためにいろいろと試しています。

 

 

朝から晩まで仕事をしているとなかなかジムに通ったりする時間もないですし、食事制限なんかも難しいですよね。。

 

 

実際にサラリーマンである僕が、毎日30分だけの軽い運動と、ある食事方法だけで約半年で7kg痩せた方法を公開します!

 

 

 

ただ、毎日継続することをオススメしているので、『楽してダイエットしたい』『運動はしたくない』という人はまったく参考になりませんので、そっとページを閉じてください。。

 

 

(約3分で読めます)

効率よく痩せるために朝と夜の運動の効果の違いを知ろう

運動は時間によって効果が違うということ



 

朝運動するのと、夜運動するのとでは、体に現れる効果が違います。

 

 

まず、運動するのにはエネルギーが必要ですよね。

 

 

人間が活動するのに必要なエネルギーは体にある糖質から優先的に作られます。

 

 

そして、糖質がなければ、脂肪から作られるんです。

 

 

優先順位は、

糖質>脂肪

って感じです。

 

 

食べ物を食べて糖質を摂取すると、エネルギーとして使われない不必要な分は時間をかけて体に脂肪として残ります。

 

 

なので、朝は基本的に前日食べたものが消化されきっていて脂肪になり、体には糖質は残っていないのです。(夜遅くに飲み会帰りにラーメンを食べたなら話は別ですが笑)

 

 

 

この状態で運動すると、本来優先的に使われる糖質がないので、体についた脂肪からエネルギーを作ります。

 

 

なので、体についた脂肪を取りたいときは朝に運動するのがオススメです!

 

 

 

では、夜に運動するのはどうでしょう。

 

 

朝から夜にかけて食べたもの(糖質も含めて)が体にまだ残っている状態です。

 

 

さきほど糖質から優先的にエネルギーとして使われると書きました。

そして糖質は時間をかけて脂肪に変わります。

 

 

なので夜に運動すると糖質が脂肪に変わる前にエネルギーとして使われるので太りにくい体になるんです。

 

 

糖質が脂肪に変わる前に、エネルギーとして使っちゃえ!!ってイメージです(^^♪

 

 

 

僕は夜ごはんを食べた後に毎日20~30分走って、約半年で7㎏痩せました!

 

 

朝も軽く運動することもありますが、夜ごはんを脂肪に変える前に走って消化しちゃおう!と考えていたんです。

 

 

ほぼ毎日走りました。

雨でも走りました。

飲み会のあとも走りました。そして気持ち悪くなりました(笑)

 

 

 

サウナと水風呂が効率性アップの秘訣

効率よく痩せるにはサウナを利用したほうがいい



痩せるためとか、健康のためにサウナを利用してる人は多いかと思いますが、サウナは汗をかいて水分が出てるだけなのでそれだけではなかなか痩せません。

水分補給したら元通りです(笑)

 

 

でも、新陳代謝は良くなります。

 

サウナで新陳代謝を良くしつつの運動がオススメです!

 

僕も毎日のランニングに加えてサウナも週1〜2通ってました。

 

 

また、サウナだけでなく水風呂を超絶オススメしてます^_^

 

水風呂に入ると当然体は冷えますよね。

 

その冷えた体を温めようと内側からエネルギーを使うんです。

さきほど書いたようにエネルギーは糖分や脂肪分を使ってくれるので、サウナよりも水風呂の方がダイエット効果はあるんです。

 

僕はよくサウナ↔︎水風呂の交互浴をしています!

 

それに加えてランニングやスポーツをすれば完璧です!!(笑)

 

 

僕は最近はサウナではなく、ホットヨガに通って、新陳代謝を良くしています。

ホットヨガが気になる人はこんな記事も↓

 

www.kkenichi.com

 

 

 

新陳代謝を良くして、毎日の運動を心掛けましょう。

 

 

食事はなるべく副菜のある定食にしよう

バランスの良い食事(定食)

 

 

食事はなるべく定食にしましょう。

 

糖質制限ダイエットも効果ありますが、糖質はエネルギー源なのでまったく摂らないのは良くないと思います。

 

 

食べるときは糖質があってもいいので、定食のように副菜があるような食事を心がけましょう。

 

 

人って実際にお腹いっぱいになってから脳みそが「お腹いっぱいだ」と判断するまでに10分くらいの時間差があるらしいです。

 

 

 

糖質オンリーの食事だと、本当はお腹いっぱいでも脳が判断するまでに時間差があるのでついつい糖質(炭水化物)を食べすぎちゃったりします。

 

副菜からゆっくり食べ、脳が「お腹いっぱいだ」と判断するまでの時間差を利用して、副菜で、ある程度お腹いっぱいにしましょう!

 

 

そうすると、糖質(炭水化物)を食べすぎるということは回避できます(^^♪

 

 

 

  

時間がない人は『少しの時間で毎日継続』がコツ

 

KEEPGOINGと書かれた黒板

 

 

「高すぎる目標は挫折するからやめたほうがいい!」ということをよく聞きます。

 

 

たしかに高すぎる目標だと続きません。

 

しかし、少しずつでいいので僕は『毎日継続』が痩せるための最短ルートだと思っています。

 

 

 

毎日継続の何がいいかというと、1カ月くらい続けていると、サボれなくなるんです。

 

「今日、サボったら今までの頑張りが水の泡だ・・・」と感じるようになるので、続けられるようになります。

 

最初はしんどいかもしれませんが、時間がない人こそ30分でも10分でもいいので、運動する時間を取りましょう。

 

 

 

 

 

 

目標は高く、『毎日』ですよ。

 

 

 

 

 

 

サウナやホットヨガなどで新陳代謝を良くしながら、自分が体をどうしたいかによって朝と夜の運動を使い分ける。

食事も完全に糖質抜くのではなく食べる順番を考慮して定食にする。

 

 

これを毎日繰り返して僕は体を絞ることが出来ました!

 

 

簡単ではないかもしれませんが、時間がないサラリーマンの僕でも出来たので、誰にでもできるはず!!

 

 

理想の体を手に入れましょう!

 

 

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

 

 

 

ではまた。

ざす。