ド底辺サラリーマンの夢の叶え方

ド底辺サラリーマンの夢の叶え方

ド底辺のサラリーマンの僕が「大自然を通して人を豊かにする」という夢を叶える為、奔走中。会社員しながらでもできる自己啓発中心に書いてます。

他人の目ばかりを気にしている人が自分らしく生きられる3つの方法

ども!

こんばんは!

 

ド底辺サラリーマンのけんいちです。

 

僕は昔、他人の目ばかりを気にして生きてきました。

 

友達と遊ぶ時に、「何したい?」って言われても、「嫌がられたら嫌だな」と思って本当にやりたいことがあってもそれを押し殺し「なんでもいいよ」と100%スマイルで答えてました。笑

 

学生の頃、女子がコソコソ話をしてて自分と目が合ったりすると「俺の陰口でも言ってるのかな」と根暗モード全開になっていたりしました。(もしかしたら本当にそうだったかもしれませんが 笑)

 

 

そんなネガティブだった僕も「他人の目なんか気にしなくていいんだ!自分の好きなことを好きな時に好きな人たちとやろう!!」と思えるようになったのです。ハッピー!!

 

 

 

 

 

・他人の目が気になって人間関係に疲れてしまった人

・他人軸で生きてしまっていると感じてる人

・「自分なんてどうせ...」が口癖の人

・もっと自分らしさを表現したい人

 

 

そんな人たちへ、僕が他人の目を気にするということ克服した3つの方法をご紹介します!

 

 

もっともっと輝いちゃいましょ!!

 

 

 

 

自分に優しく、自分を大切に

 

 

まずは自己肯定感が一番大事です。

 

 

他人の目を気にする人は総じて自己肯定感が低い人だと思います。

 

 

「自分のやりたいことなんて誰も興味がない」

「自分なんて誰の役にも立たないだろう」

「周りに迷惑かけないようにひっそりと生きよう」

 

 

果たしてそれで幸せでしょうか?

 

自分の人生を他人の為に生きるって悔しくないですか?

 

 

僕も他人の目を気にしすぎて疲れて、「本当に俺のやりたいことってなんやねん!!」と自問自答することがありました。

 

 

幸い僕はネガティブではあるけど、「まいっか、なんとかなるっしょ!」が口癖の超楽観お気楽野郎でしたので、割とすぐに「自分の好きなように生きてみよ!周りの人に嫌われてもなんとかなるっしょ!」と思えるようになったのです。

 

 

僕は自己肯定感は今とてつもなく高いです。

 

なので、周りがなんて言おうと幸せです^ ^

 

 

まずは自分を好きになりましょう。

 

あなたはあなた、たったひとりしかいません。

 

それだけで素晴らしいです。

 

自分に「今までありがとう。これからもよろしくね」と声に出してみてください。

小っ恥ずかしいけど、効果抜群です。

毎日毎日言っていると自己肯定感が高まります。

 

 

ただ、元々自分を好きじゃない人が自分を好きになるというのはなかなか難しいことです。

 

なので、自分を大切にしてくれる人のそばにいることも自己肯定感を高める方法だと思います。

 

あなたを産んだお母さんはあなたのことが大好きなはずです。

 

仲良しの友達もあなたが良い人だから近くにいてくれるはずです。

 

 

こうした自分を大切にしてくれる人のそばにいるようにしてみましょう。

 

 

 

 

自分の感じることと他人の感じることは違って当たり前

 

そもそも十人十色と言うように人はそれぞれ価値観、考え方は違って当たり前なのです。

 

 

例えば、先程の挙げた例で話をすると、僕は友達と遊んでる時に、「何したい?」と友達に聞かれても本当はカラオケに行きたいのに、「何でもいいよ」と答えてボーリングに行った日がありました。

 

そこで僕は「カラオケ行きたいと言っても友達がカラオケは好きじゃなくて嫌がられたらやだなー」と考えて自分のやりたいことを主張しません。

 

 

でも、相手がどう思うかなんて自分にはどうしようもないのです。

 

 

他人の価値観や考え方までコントロールすることは出来ません。

 

 

なので、諦めましょう。笑

 

 

何か言いたいことを言って、友達との関係に支障がきたしたとしたら、ぶっちゃけその人との付き合いはそれまでなんです。

 

 

自分を抑えてまで付き合う必要はないと思います。

 

 

 

他人の感情は他人のもの。

自分の感情は自分のもの。

 

 

他人がどう思うかどう感じるかは他人の問題なので自分でどうこうできません。

 

自分の感じることと他人の感じることは違って当たり前。

 

 

そう思えば、人付き合いも楽になりますよ^ ^

 

 

 

 

誰も自分のことなんか気にしてない

 

 

僕は個人的にこの考え方に一番影響を受けて、他人の目を気にする性格から脱却しました。

 

 

 

他人がどう思うかどうかなんて、そんなことより、他人は自分のことなんかほとんど気にしてないのです。

 

 

電車内で鼻くそほじくってたって意外に誰も見てないから平気です。(ちょっと違うか)

 

 

 

大丈夫。

あなたの好きなように生きて、好きなように発言して、好きなように行動して大丈夫なんです。

 

 

それを嫌う人も出てくるかもしれませんが、嫌う人の感情は嫌う人のものなので自分には関係ありません。

 

もちろん、他人の楽しみを奪うような迷惑を掛けてはいけませんが。

 

 

 

自分が幸せだと感じるように生きましょう。

 

 

自分が思うより、他人は自分のことなんて見ていないのです。

 

 

あなた自身も他人のことなんか気にしてる暇があったら自己啓発したり自分磨きをするべきなんです。

 

 

他人を批判するような人は他人の人生を生きてる弱者なのでほっときましょう。

 

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

 

僕が『他人の目を気にする性格』から脱却したときにベースになった考え方3つをご紹介しました!

 

 

 

 

ただそれでもやはり自分を出すのは怖いな、、、と言う人は。

 

 

 

 

ほんの少しの勇気を出しましょう。

 

 

 

 

勇気ってことばを簡単に使うのは僕は好きじゃないですがここで伝えたいのは、僕はこれで変われたからです。

 

 

「自分の言いたいことを言ってみよう」と恐る恐る自分を主張したことがあります。

 

 

すると、相手はまーーったく自分のことなんか気にしない様子で「そうかーわかった!」と受け入れてくれたんです!!

 

 

このときに、「他人は自分のことなんかあんまり気にしてないんだな^ ^」と楽になりました。

 

なんだか肩にのしかかった重たい荷物がどさっと床に落ちた感じがしました。

 

 

 

僕の周りにも同じ経験をした人がいます。

 

 

仕事で先輩や周りの人たちのために頑張ろうとしてたけど、本当は自分がやりたくないことがあったそうです。

 

 

それを何日も悩んで悩んで「苦手なのでやりたくないです」と勇気を振り絞って先輩に伝えたそう。

 

 

すると、「そうか。了解。じゃ、違う人にお願いするね!」とあっさり言われて拍子抜けしたと言ってました。

 

 

その人も「意外に自分のことなんて誰も気にしてないんだなー」と思ったと言っており、楽になったそうです(*^^*)

 

 

 

 

 

自分には自分の人生がある。

他人には他人の人生がある。

自分のやりたいこと、好きなこと、言いたいことは、自分の人生なのでどんどん出して行きましょう。

 

そこで協力してくれたり、一緒に笑ってくれたりする周りの人たちを大切にしましょう。

 

今は出逢ってなくてもあなたが自分の好きなことを主張して発信して行動していると必ずそういう人たちが周りに現れます。

 

 

これも体感済みです。

 

 

 

・自分に優しく、自分を大切に

・自分の感じていることと他人の感じていることは違って当たり前

・誰も自分のことなんて気にしていない

 

 

この3つの考え方をベースに「ほんの少しの勇気」を持って行動して行きましょう。

 

 

 

性格は変えられるんです。

 

性格は自分の習慣、行動から現れますから。

 

 

誰でも変われます。

 

 

 

応援してます^ ^

 

 

 

 

ではまた。

ざす。