ド底辺サラリーマンの夢の叶え方

自分の境遇に不満のある人へ。解決の糸口は自分にあります。

ども、こんばんは!

 

ド底辺サラリーマンのけんいちです。

 

 

「なんでこの人はこんな態度を取るんだろう」

「これを失敗したのは○○のせいだ」

 

 

と、自分の失敗や状況を外部のせいにしているという経験はないでしょうか。

 もしくはそんな人に出会ったり。。

 

 

人間だれでも、凹んだり、ショックを受けたり、嫌なことがあると他人のせいにしたりしてしまうこともあるかもしれません。

 

 

 

ただ、自分の失敗を他人のせいにしていても何も進歩しません。

 

 

 

むしろその失敗や嫌なことというのはすべて自分の言動が原因なのです。

 

 

 

考え方を変えるだけで、こうした嫌なことは避けることが出来ます。

 

 

 

 

 

 

外部への責任転嫁は成長の足かせ

 

自分の失敗を外部に責任転嫁する人の未来はどうなるでしょう。

 

例えば、僕が昔一緒に働いていた人にも自分のミスを他人のせいにする人がいました。

 

誰かにミスを指摘されても「○○さんにはこう言われたので」とか「昔はこうやってましたから間違いではありません」とか絶対自分の非を認めないんですよね。

 

 

そういう人はどうなるか。

 

 

 

自分の欠点に目を向けないので、まったく成長しません。

 

 

 

同じミスを繰り返します。

 

 

 

 

また、そうした責任転嫁をされた側はどう受け取るでしょうか。

 

 

その人の為に何か手を貸そうなんて思わなくなりますよね?

 

 

自分の言動は同じように自分に返ってきます。

 

 

自分のミスを「○○の人にそう言われたからそうした」と責任転嫁していたら、相手にも同じようにされてしまいます。

 

 

そうなりたくないのであれば自分から変わらないといけません。

 

 

自分がして欲しいことは自分からするのです。

 

 

GIVE FIRSTを心掛けよう

 

僕の心掛けていることのひとつに「GIVE FIRST」というのがあります。

 

 

先に与える=自分がして欲しいことはまず人にする、です。

 

 

これは好循環を生むと実感しています。

 

 

 

人には、何かしてくれた人に対してはお返ししたくなる(返報性の原理) 心理があります。

 

 

 

自分がして欲しいことを誰かにすると、その相手もあなたに何かお返ししたくなるのです。

 

 

GIVE FIRSTを心掛けてみてはどうでしょうか。

 

 

 

自分が「なんで自分だけこんな目に」とか「周りはなんで理解してくれないんだ」とか悩んでいるようでしたら、自分の言動を見直してみてはいかがでしょう?!

 

 

もしかしたら、「この人たちは自分のことを理解してくれないんだ」と自分からそう思ってしまっていないですか?

 

「理解してくれない」という閉鎖的な気持ちは必ず言動やしぐさに現れてしまいます。

 

 

それが相手に伝わり相手も自分に対して同じ態度を取るのです。

 

 

まずは自分から!!

 

GIVE FIRSTで行きましょう!!

 

 

まとめ

 

 

周りのことを変える事はほぼ不可能だと思っています。

 

 

自分自身ではない人や環境を変えるなんて並大抵のことでは出来ません。

 

 

周りに変わってほしいのであれば、自分から変わることです。

 

 

自分を変えると、自分の誰かに対する態度や言動も変わります。

 

そうすると、その誰かの自分への態度も変わります。

 

 

感謝の気持ちも、相手への気遣いも、何か物でもいいです。

自分から与える(GIVE FIRST)ということを意識してみましょう。

そうすると、相手からもGIVEしてくれる好循環が訪れます。

 

 

 

いかがでしたでしょうか。

自分の境遇や周囲の環境に悩んでいる人がいたら、お力になれば幸いです。

 

 

 

 

 

 

ではまた。

ざす。