ド底辺サラリーマンの夢の叶え方

価値観は違うからこそ面白い!


Hatena

ども、こんばんは!

 

ド底辺サラリーマンのけんいちです。

 

 

 

今日はパートナーとの価値観のお話。

 

 

皆さんにとって理想のパートナーとはどんな人でしょうか?

 

 

異性のパートナー

仕事のパートナー

友人としてのパートナーでもいいです。

 

 

 

パートナーとは、価値観が合って自分と考え方が似てて一緒にいて居心地の良い、仕事のしやすい人と思われがちですが、果たして実際そうでしょうか。

 

 

 

 

価値観が違うからこそうまく行く。

 

 

 

パートナーとはそういうものだと考えます。

 

 

 

僕が考える価値観が違う人をパートナーにするメリットをご紹介したいと思います。

 

 

 

 

~価値観が違う人をパートナーにするメリット~

 

 

 

 

 

①違う意見で刺激を受ける。

 

 

 

当たり前かもしれませんが、仕事でも学校でも他の活動でも、価値観が違う人同士だと異なる意見が出ますよね。

 

 

ひとつの意見に偏らない会話や行動が生まれます。

 

 

 

 

 

実際の話でこんな話を聞いたことがあります。

 

 

 

具体的な社名は伏せます。

 

 

 

A社はある起業家が会社を立ち上げ、徐々に軌道に乗って来ました。

 

 

本格的に事業化するために、事業責任者、営業、経理、人事など色んな役職を作りましたが、人を役職に就かせる際、絶対身内(友人も含む)は入れなかったそうです。

 

 

 

 

身内だとお互い気を遣って本音が出ない場合があるから。

 

 

 

一見、価値観も合う友人同士、親族とかと一緒に仕事をした方が上手くいきそうですがそうではありません。

 

 

このA社は好業績で推移していました。

 

 

 

 

 

その逆をしたのがB社です。

 

 

知人、友人で主要役職を固めたその会社は、なかなか異なった意見が出たりもせず、新しいチャレンジもなく、業績は伸び悩みました。

 

 

 

両社とも実在する誰もが知ってる海外の会社です。

 

 

 

 

 

異なる意見や考え方を持つ者同士で仕事した方が良い意味での摩擦が起きて上手く行くんですね。

 

 

 

僕もサラリーマンですが、同じように感じてます!^ ^

 

 

 

 

②自分の中に眠っている価値観を気付かせてくれる

 

 

 

価値観が違う相手というのは、自分の中にある考えを掘り起こしてくれます。

 

 

 

例えば、異性同士の関係で、男の方は優柔不断な性格で「どこに遊びに行く」とか「晩御飯何食べたい」とか何を決めるにしても「何でもいいよ」という人がいたとします。(笑)

 

 

女の方は「男の人に全部決めて引っ張っていってほしい」と思うタイプだとします。

 

 

 

一見、ふたりは性格合わなそうで上手く行かなそうですよね。(笑)

 

 

 

 

でも、このふたりが「価値観は違って当たり前だ」という認識でいることができれば、別にイライラなんかしません。

 

 

 

むしろ、「そういう考えもあるんだ」と気付かせてくれ、相手に対して、より理解しようとして関係が深まります。

 

 

自分の中に眠っている価値観を気付かせてくれるんです。

 

 

 

価値観が同じ人だと、一見息は合いますが、価値観が同じだからこそ、「なんで理解してくれないの?」と相手に求めるハードルが高くなってゆくゆく上手く行かなくなる場合が多いです。

 

 

 

 

 

価値観は違っていいんです。

違って当たり前。

違うからこそ上手くいく。

 

 

 

そう思います。

 

 

そんな人をパートナーに出来たら上手くいきますよ^ ^

 

 

 

 

 

①違う意見で刺激を受ける

②自分の中に眠っている価値観を気付かせてくれる

 

 

この2つが価値観が違う人をパートナーにした方が良いメリットです。

 

 

 

 

ただ、価値観が違って当たり前という考えがパートナーとも分かり合っていることが必要ですが。

 

 

 

 

 

 

今いるあなたのパートナーはどうでしょうか。

自分の考え通りに動いてくれないからといって、怒ったり凹んだりしてはいけません。

 

それも受け入れましょう。

 

むしろ、その異なった価値観が自分に新たな考え方を吹き込んでくれて、成長できるんです。

 

 

 

 

 

 

 

価値観は違うからこそ面白い!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ではまた。

ざす。