ド底辺サラリーマンの夢の叶え方

成功する人はスピードが命!

ども、こんちは!

 

ド底辺サラリーマンのけんいちです!

 

 

たまに、結果がどうなるかわからないから新しいチャレンジするのが怖いとか、まだ成功する確信が持てないからチャレンジ出来ないとかっていう話聞きますが、皆さんはどう思いますか?

 

 

 

 

確かに先のことがわからないのは怖いです。

 

 

もし会社を辞めて独立したら、全然稼げずに路頭に迷ったらどうしよう。

 

 

仕事で新たなプロジェクトにチャレンジしたいが、失敗して会社に損失を出したらどうしよう。

 

 

 

色々な恐怖がやってきます。

 

 

 

 

 

 

ただ、その考えでは無駄な時間が過ぎていくだけです。

 

 

 

 

もちろん事前準備や調査は必要ですが、そればかりにとらわれ過ぎてしまうと行動が遅くなってしまいます。

 

 

 

 

成功者はスピードが断然早いです。

 

 

 

 

僕も今メーカーの営業マンしてますが、成績の良い先輩営業マンは行動が早いです。

 

 

 

商品が試作段階なのに、すぐ商談に持って行って取引先に提案をしている。

 

 

 

そして、取引先から言われた意見をすぐ反映させて商品をより良くしていくといったことをやってる人が周りにいます。

 

 

 

 

 

 

成功するには、結果を残すには、スピードが命です。

 

 

 

 

 

 

考えてばっかじゃダメです。

 

 

 

某自動車メーカーのCMで矢沢永吉大先輩も言ってますよね。

 

 

 

 

 

 

 

やっちゃえよ!

 

 

 

 

 

 

未完成のままでいいんです。

 

 

 

 

見切り発車でもいいんです。

 

 

 

 

 

成功するにはスピードが命!!

 

 

 

 

失敗してもまたやりゃいいんですよ。

 

 

 

 

最近知った好きな言葉があります^ ^

 

 

 

 

『やってみた。失敗した、そんなことは問題じゃない。もう一度やってみよう。また失敗しても良い。今度は上手に失敗できる』  by サミュエル・ベケット

 

 

 

 

 

失敗は悪いことではありません。

 

 

 

 

どんどん失敗してさらにうまく失敗すりゃいいって考えると楽ですよね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まず行動をするために必要なことは『決断』です。

 

 

 

 

 

やると決める事。

 

 

 

 

 

やると決めたら達成するためにやるしかありません。

 

 

 

 

非常にシンプルですよね。

 

 

 

 

引き返せないくらい自分を追い込んじゃいましょ。

 

 

 

 

失敗を恐れて石橋を叩きまくって渡ってると月日だけ流れていきます。

 

 

 

 

例えば1年間準備してチャレンジした人と、2ヶ月ですぐ行動に移し、1年間で6回チャレンジした人がいたら後者の方が断然成長してます。

 

 

 

失敗した数だけ進歩してるからです。

 

 

 

 

また、行動が早い人は失敗しても軌道修正できるメリットがあります。

 

 

 

 

 

すぐ行動してダメだったら原因を見つけて修正する。

 

 

 

もし1年間準備した人が失敗したら、「ここまで来たから引き返せない」という気持ちが出て来てしまい、軌道修正がなかなか難しくなります。

 

 

 

 

また、「こんなに準備して来たんだから失敗できない」と、失敗にビビってしまい思いっきりチャレンジ出来なくなります。

 

 

 

 

 

考えたり準備したりする時間をかけすぎるとあまりいい事ないんですよね_(:3」z)_

 

 

 

 

 

 

 

 

成功するのに必要なのは『決断』と『行動』です。

 

 

 

 

 

このふたつだけだと思います。

 

 

 

 

スピード重視の決断と行動力で、ガンガンやりたいことに取り組みたいですね!!

 

 

 

 

 

 

 

ではまた。

ざす。