ド底辺サラリーマンの夢の叶え方

簡単に超絶前向きになれる4つの方法


Hatena

ども、こんばんは!

 

 

ド底辺サラリーマンのけんいちです!

 

 

 

 

突然ですが、僕は小さいころから割と最近まで超絶ネガティブ野郎でした。

 

 

 

 

 

例えば誰かと目が合っただけで、『あの人、俺の悪口言ってそうだな』とか考えちゃう超へそ曲がり根暗野郎でした(笑)

 

 

 

 

 

自分に自信がまったくなくて、いつもマイナスなことばかり考えてしまう学生時代を過ごしておりました。

 

 

 

 

ただ、幸いにも同時に楽観的な性格であった為、『ま、いっか』とも考える事が出来たので、そんなに深く悩んだことはないですが(笑)

 

 

 

 

 

 

そんな超へそ曲がり根暗野郎の僕は今は超がつくほどの前向きポジティブ人間です。笑

 

 

 

 

 

誰でもポジティブになれる(というか、ネガティブにならない)方法があります。

 

 

 

僕が心がけていることを4つご紹介したいと思います。

行動面で2つ、精神面で2つあります。

 

 

 

 

 

参考になれば嬉しいです!

 

 

 

 

まず、行動面から。

 

 

 

 

 1.朝型人間になる。

 

皆さん、朝は苦手ですか?

 

 

 

なかなか起きられないときもありますよね。

 

 

 

でもそれって前日の寝る前の行動が原因なんです。

 

 

 

 

『寝る直前までスマホをいじっている。』

『仕事からの帰りが遅いと寝る少し前に晩御飯、しかも糖質を取ってしまう』

『夜に仕事や頭を使うことをしている』

 

などなど。

 

 

 

 

前日の行動を改善するだけでも、朝スッキリ目覚められるようになりますよ!

 

 

 

 

 

人間って夜寝ているときに、脳みそが記憶を定着させたり、情報を取捨選択して頭の中をリセットしているので、朝の方が頭が働くんです。

 

 

 

 

同じ考え事をするにも、夜考えるより、朝考えた方が頭が働きますし、何よりポジティブに物事を考えられます。

 

 

 

これは、いろんな本にも書いてありますが、実践してみて実感してます。

 

 

 

何か嫌なことや悩みがあって明日を迎えるのが憂鬱でも、あえて夜は早く寝ちゃいます。

 

 

 

朝起きると意外とその悩みがちっぽけに感じたり、あまり気にしない自分がいたりして自分でも驚いた経験があります。

 

 

 

 

 

7時起きしている人がいきなり5時起きになるのはきついと思うので、30分早く寝て、30分早く起きる事を心掛けてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

朝はネガティブになりにくい時間帯です。

その時間帯に活動する時間を増やしてみましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 2.運動をする。

 

 

これは本当にやった方がいいです!

 

 

 

僕は毎日なるべく5時半に起きているのですが、まず真っ先にすることは20~30分くらいの軽いジョギングです。

 

 

 

 

朝、外で運動すると本当にスッキリした1日を迎えられます。

 

 

 

 

 

 

運動しているときは同時に脳みそで何かじっくり考える事は出来ないようなので、不安を感じたりしないようです。

 

 

 

 

朝運動することは、1番最初に書いた「朝型人間になる」というのと「運動する」という2つのことが合わさっているので、ネガティブになる要素が皆無です!笑

 

 

 

 

 

 

でも別に朝じゃなくても夜走ってもいいと思います。

 

 

 

 

『走る時間がねぇ!』という人は通勤時に階段を使うとか、1駅手前で降りて歩くとかでもいいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

、、、、って書いてある本をよく見かけるけど、ランニングする30分の時間くらい捻出しろよ!!!

 

 

 

 

って僕は思います。笑

 

 

 

 

 

どうせ、仕事から帰ってスマホツイッターみたり、だらだらテレビ見て30分くらい過ごしている時間があんだろ?それを運動に充てたらいいじゃん!

 

 

 

 

 

って思うんです。笑

 

 

 

 

 

 

というか実際に僕がそうでした。

 

 

 

 

ネットサーフィンとかAV(←ぇ)見ているときなんかはあっという間に30分くらい平気で過ぎていて、体感時間めっちゃ早くないすか?!笑

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっとした時間を見直して、運動に充てる事をオススメします!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次は精神面についてです。

 

 

 

 

 

3.自分を赦す。

 

これが一番大切だと思っています。

 

 

 

 

要は、どんなにダメな自分でもそれを自分が認めてあげる事です。

 

 

 

 

 

もちろん罪を犯すようなことをしてはいけないですが、誰かに少しくらい迷惑をかけたっていいと僕は思います。

 

 

 

 

 

 

『親にひどいことを言ってしまった』

『友達に嘘をついてしまった』

『自分は運動音痴だ』

『勉強ができない』

『シャイで思ったように人と話せない』

『モテない』

 

 

 

 

どんな自分でも愛する事です。

 

 

 

どんな自分でもそれでいいんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

自分が自分を赦してあげないで誰が赦すのでしょう。

 

 

 

 

ネガティブ思考の人は、最初はなかなか難しいかもしれませんが、自分のことを少しずつでもいいので、認めてあげてください。

 

 

 

 

僕も自分のことはあまり好きではなかったですが、『自分はひとりしかいないし、自分が楽にいられるならなんでもいいや』と考えられる様になってからは自分大好き人間です(笑)

 

 

 

 

 

 

自分を赦してみるということを意識してみると、ネガティブ思考がなくなります。

 

 

 

 

 

 

 

4.感謝する。

 

最後は「感謝する」です。

 

 

 

 

自分を赦すというのは自分に感謝するということと同じだとも思っています。

 

 

 

 

 

どんな自分でも認めてあげる事ができたら、次はそんな自分の性格に感謝できるようになれます。

 

 

 

 

 

自分のことが好きで、感謝できるようになれば自然と人にも感謝できるようになれます。

 

 

 

 

 

何か嫌なことがあったら他人のせいにしていないでしょうか。

 

 

 

 

環境のせいにしていないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

誰かを責めたりしても何も得るものはありません。

 

 

 

 

 

 

誰かに感謝すると、最終的にはその感謝は巡り巡って自分に還ってきます。

 

 

 

 

 

 

自分が感謝されるようになると、「こんな自分でも人の役に立っているんだ」と感じられるようになり、さらに自己肯定感があがります。

 

 

 

 

 

 

 

 

まず、自分から与える人に、自分から周りへ感謝する人になるといいと思います!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕も、毎朝ツイッターで「朝の感謝」とタイトルつけて、身の回りのことに感謝するようにしています。

 

 

 

 

 

 

 

些細なことでもいいので、当たり前のことに感謝する癖がつくと、本当にネガティブ思考がなくなります。

 

 

 

 

 

 

つい一昨日のことなのですが、僕は九州に行ってたんです。

 

 

 

 

 

 

 

その夕方くらいから警報が出るほどの暴風雨。

 

 

 

 

本当は福岡空港からさらに移動する予定だったんですが出られず、逢おうとしていた人にも逢えず博多で泊まることになってしまいました。

 

 

 

前の自分だったら「ちきしょう!!」となっていたところですが、そんなネガティブ思考はまったく働きませんでした。

 

 

 

 

 

むしろ、地下鉄は動いてたことにより、福岡空港から博多までは出られたことに感謝して、駅員さんありがとう!と感じました。

 

 

 

 

 

 

 

 

物事にはポジティブな面とネガティブな面が両方あります。

 

 

 

 

 

そのどっちを感じるかは自分の気持ち次第です。

 

 

 

 

日頃から感謝する癖が付いていると自然とポジティブな面を見られるようになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1.朝型人間になる

2.運動をする

3.自分を赦す

4.感謝する

 

 

 

 

 

 

この4つでネガティブ思考にならず、超絶前向きな自分に出逢えます。

 

 

 

 

 

 

元・ネガティブ野郎の自分が約束します!!!笑

 

 

 

 

 

 

 

前向きに、もっと気楽に生きていきましょ~~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ではまた。

ざす。