ド底辺サラリーマンの夢の叶え方

「悩み」を歓迎しよう。

こんばんは。

 

ド底辺サラリーマンのけんいちです。

 

 

1月ももう半分過ぎてしまいましたね。

 

 

 

昨年末に、今年の目標を決めて、今もひとつずつ実行していますが、出来ていたり出来ていなかったり・・・(ー_ー)

 

 

 

 

常に目標を意識できるように、僕は紙に書いた目標を毎朝読み上げるようにして頭に染み付けさせています。

 

 

 

皆さんも今年の目標を立てて、ひとつひとつ実行できていますでしょうか。

 

 

 

僕は目標の中の今年中にやりたいことに対して「悩み」というか「壁」が出て来てしまい、今立ち止まってしまっております・・・

 

 

 

けど、「悩み」ってここから成長するチャンスだと思っています。

 

 

 

今日は「悩み」にぶち当たった時の対処法をご紹介します。

あくまで僕の場合ですが、参考になれば幸いです(#^.^#)

 

 

 

 

 

 

 

悩みは成功への良いシグナル

 f:id:g4n0323:20180115202934j:image

 

「悩み」って苦しいですよね。

 

 

 

「どうしたらいいんだろう」

 

 

「もうこのままじゃ無理だ・・・」

 

 

 

とか、ネガティブなイメージが付きまとうことが多いかと思います。

 

 

 

 

でも、悩むということはそれだけそのことに対して真剣になっているということです。

 

 

 

なので、悩むことをやめてはいけません。

 

 

 

苦しいかもしれませんが、考え抜くことから逃げてはいけません。

 

 

 

それだけ真剣に考えていることは、自分の人生にとって大切なことで、重要な決断だと思います。

 

 

 

「悩み」というのは自分の人生を成功させるために必要な過程です。

 

 

 

自分の人生の成功へのシグナルだと思います。

 

 

 

その感情を大切にしましょう。

 

 

 

悩んでいるときは苦しいかもしれませんが、じっくり時間をかけて向き合いましょう。

 

 

 

どんな決断をしてもきっと素敵な未来があると思っています。

 

 

 

「これだけ悩んだ末に出した決断だから後悔はしない」という気持ちになれるはずです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは、自分に言い聞かせている部分が多いですが(笑)。

僕も今抱えている「悩み」に対してもっと時間をかけて答えを見つけていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「悩み」を解決しやすくする方法

 f:id:g4n0323:20180115202647j:image

 

 

 

 

「悩み」を解決しやすくする方法。

 

 

 

 

 

そんなものあるのか?と感じる方もいると思いますが、僕が心がけていることをひとつご紹介します。

 

 

 

 

 

 

悩みを誰かに伝える。もしくはノートか紙に書き出し、可視化する。

 

 

 

 

 

 

 

 

これです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よく「悩み(話)を聞いてもらっただけで楽になった」と言う人いますよね。

 

 

 

 

 

あれって本当だと思うんです。

 

 

 

 

要は「悩み」を外に出すこと。そうすることで、自分で「悩み」が何かということを再度認識して客観的にとらえる事が出来るからだと思います。

 

 

 

 

 

 

誰かに伝えるか、それが嫌だったら、ノートに書きだすだけでもいいんです。

 

 

 

要はアウトプットする。可視化することが悩みを解決しやすくする方法です。

 

 

 

 

目に見えるようにすることで、頭の中にあるモヤモヤが少し晴れてきます。

 

 

 

 

 

自分が何に対して悩んでいるのか、頭で考えるだけではなく、書き出した文章によって目を通して再度脳に伝達されます。

 

 

 

更に効果的なのは読み上げる事。

 

 

 

 

そうすると更に耳を通してまた脳に伝達されます。

 

 

 

 

繰り返し意識することで、何に対して悩んでいるのかがハッキリしてきます。

 

 

 

 

冒頭に記載した、毎朝今年の目標を読み上げるという僕の行動もこのような理由で行っています。

 

 

 

 

 

 

ただ、ごめんなさい。

脳科学的根拠を立証して書いているわけではないので、絶対とは言いきれず、平凡なサラリーマンの戯言として読み流して頂き(笑)、気が向いたら試してみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「悩み」が出てきたら、これは自分の成功へのシグナルだ!と考えて、しっかり向き合いましょう。

 

 

 

 

 

 

 

悩みを歓迎するんです。

 

 

 

 

 

 

 

そして誰かに聞いてもらいましょう。

 

 

 

 

聞いてもらうのが嫌だったら、ノートに書きだしてみましょう。

 

 

 

 

 

 

悩みを客観視して、向き合いやすくして、自分の成長への糧にしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今、悩みがある人が少しでも前に進めますように。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ではまた。

ざす。