ド底辺サラリーマンの夢の叶え方

やりたいことを発信したら何かが変わる。

こんにちは!

ド底辺サラリーマンのけんいちです。

 

もう2017年も終わりですね。

 

 

 

 

 

 

というありきたりな言葉はあまり好きじゃありません笑

 

 

 

 

『一年が終わるから』

『一年がまた始まるから』

とかあまり関係なく毎日毎日が新年だと思って新しい気持ちで過ごしていきたいですね。

 

 

 

 

 

 

なんつって。

 

 

 

 

 

 

けど、やはり一年が終わるとなると来年の抱負を考える人も多いのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

抱負でもなんでもいいですが、やりたいことを発信するのってとても重要なんです。

 

 

 

 

 

 

やりたいことを声に出して発信したら何かが変わっていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

今日はそのことについて、お話したいと思います^ ^

 

 

 

 

 

 

やりたいことを発信したら『得する三か条』を教えます。笑

 

 

 

 

 

 

①誰かが手を差し伸べてくれる。

やりたいことを発信したら誰かが手を差し伸べてくれることがあります。

 

 

 

具体的に言うと、僕の場合、いつか自然を舞台にしたアウトドアインストラクターになり、子どもたちを自然の中で育てていくような仕事をしたいと考えています。今はただのサラリーマンですが 笑

 

 

 

 

 

その為にボランティアしたり、資格(キャンプインストラクター、NEAL)も取得しました。

 

 

 

 

 

そのボランティアなどで一緒だった参加者に自分が将来やりたいこととかを話すんですよね。そうしたら、『私もこういう仕事してるので興味あったら参加してみませんか?』と名刺を戴いたり。

 

 

 

 

 

また別の機会では、友達にもアウトドアをテーマにした仕事がしたいんだと伝えたら、『けんいちに合いそうだから紹介するよ』とアウトドアを仕事にした人のブログを紹介してくれたり。

 

 

 

 

 

 

自分が踏み出す一歩を手助けしてくれるように、周りの人が手を差し伸べてくれます。

 

 

 

 

 

内に秘めていたって何にもなりません。

 

 

 

 

 

発信しましょう。

 

 

 

 

 

 

僕も最初は恥ずかしかったです。

 

 

 

 

 

 

 

けど、今は違います。

 

 

 

 

 

 

 

どんどん声に出していこうと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

たとえば

『サラリーマンを辞めて、お店開いて自営業をする。』

『就職しないでアルバイトしながら、バンド活動をする。』

『民間企業には入らずNPO団体で活動する』

『海外で就職する』

 

 

 

 

これらのことはもしかしたら、周りの大人に止められるかもしれません。

 

 

 

『安定した仕事に就かないで大丈夫か?』

『暮らしていけるのか?』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなもん、ふぁっくゆーですね。笑

 

 

 

 

 

 

この時代、安定した仕事なんてないと思います。

 

 

 

 

 

バカな僕でも今のものすごいスピードで変化していく時代の流れはヒシヒシと感じています。

 

 

 

 

 

新しいスタートアップ企業が続々出てきて、起業する人も増えてきましたし、そういう環境も整ってきてます。

 

 

 

 

 

政府が副業も認めましたしね。

 

 

 

 

 

どこそこの企業に入社したから安定だ、なんてことはないです。

 

 

 

 

 

 

だったら、やりたいことやりましょう。

 

 

 

 

 

 

 

アルバイトだって暮らしていけます。

 

 

 

 

 

 

 

自分が本当に何がしたいのか、深く考えて、それを恥ずかしがらず、周りの意見に惑わされず、発信していきましょう。

 

 

 

 

『安定した仕事に就け』なんていうヤツには中指立てて唾を吐きかけてやりましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あ、唾はやりすぎですね 笑

 

 

 

 

 

②自分の信念になる。

ふたつめは、発信し続けることで自分のやりたいことが自分の信念になるということです。

 

 

 

 

僕も実践済みなのですが、毎日自分の将来やりたいことを声に出して読み上げたり、将来の姿をイメージしたりしています。

 

 

 

 

そうすると、最初は『なれればいいな...』くらいだった気持ちが毎日イメージして声に出してやりたいことを意識することで、自分が将来そのやりたいことをやっているのが当然と思えてくるようになります。

 

 

頭と体に染み付いて自分の信念になるんです。

 

 

 

 

 

 

 

これは不思議ですが、実感済みです。

 

 

 

 

 

『なれればいいな』じゃダメです。

 

 

 

 

 

本当にやりたいことは死にものぐるいで掴みましょう。

 

 

 

 

 

 

③周りの目を気にしない自分になる。

最後は、周りの目を気にしなくなるということです。

 

 

発信することに慣れてくるとそれが普通になり、周りがなんて言おうが気にしなくなります。

 

 

 

僕は自分の意見は主張せず周りに合わせるような人でした。

 

大学時代に友人と遊ぶ時、何しようかという話になれば『なんでもいいよ』とばっかり言っていて『もっとやりたいこと主張してよ!』と言われるくらいでした。

当時付き合っていた人にも同じこと言われてました。笑

 

 

 

 

 

 

周りの目を気にしすぎな性格がそうさせていたのですが、それでは損だな、と思うようになり、周りがなんて思ったっていいやと少しずつ自分の意見を主張するようになりました。

 

 

 

 

 

将来の夢も同じように発信するようにしてきました。

 

 

 

 

 

 

今じゃ周りの目なんて気にせず言いたいこと言えるようになりました。

 

 

 

 

 

 

もちろん、なんでも言っていいというわけではないですが、気にせず外に発信することができるようになると気持ちがいいですよ^ ^

 

 

 

 

 

 

 

以上の3つが自分のやりたいことを発信することで得られることかな、と僕なりに考えました。

 

 

 

 

 

 

年の瀬に来年の目標や抱負を掲げる人はぜひ、自分の心の奥底に眠っている好奇心を引きずり出して表に出してみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

世界が変わります。

 

 

 

 

 

 

 

 

ではまた。

ざす。