ド底辺サラリーマンの夢の叶え方

ド底辺サラリーマンの夢の叶え方

ド底辺のサラリーマンの僕が「大自然を通して人を豊かにする」という夢を叶える為、奔走中。会社員しながらでもできる自己啓発中心に書いてます。

簡単に出来る睡眠の質を上げる5つの方法

 

こんばんは!

ド底辺サラリーマンのけんいちです。

 

 

 

僕は早起き人間なのですが、より気持ちよく朝起きるために心掛けていることがあります。

 

それをご紹介します!^ ^

 

 

 

まず、睡眠ってちょーーー大事です!!

 

 

 

 

スッキリ目が覚めた時はその日1日が調子よく、目覚めが悪かった時は1日中眠かったり、ぼーっとしたりしてしまい、うまく仕事ができないことが多くあります。

 

 

 

 

 

 

睡眠時間というのは人生の1/3を占めると言われています。

 

 

 

 

 

 

あのアインシュタインも1日10時間寝ていたらしいです。

 

 

 

 

寝すぎですね笑

 

 

 

 

 

 

 

でもあの天才的な閃きや日々の研究の為にそれだけ睡眠を意識していたということではないでしょうか。

 

 

 

 

 

僕も自分でいろいろと調べて実践していることがありますので、皆さんの良い睡眠の手助けになればいいなと思い、いくつかご紹介したいと思います。

 

 

 

 

ただし、医学的に根拠があるかどうかは保証できません。あくまで僕自身が調べて、試してみて効果があるなと感じた事なので、参考程度に読み飛ばしてください。笑

むしろ違ったり、「こうするともっと良いよ」というのがあればぜひ教えてほしいです。

 

 

 

 

人間はその日の疲れを取ったり、壊れた細胞などを回復させたりするために睡眠によって成長ホルモンを分泌させることが必要で、眠りについてからの最初の3時間がその成長ホルモンが一番分泌されるようです。

 

 

 

 

ですので、この「最初の3時間」の質をバリバリ上げていきましょう。

 

では、ご紹介します!!

 

 

 

 

 

 

寝る1時間前はブルーライトは避ける

 

 

 

寝る直前までテレビを見たり、スマホを見たりしていませんでしょうか。

 

 

 

 

 

液晶による明かりをずっと浴びていると、脳が起きた状態が続いてしまうそうです。

 

 

 

 

 

 

そのため、なかなか寝付けなかったり、寝始めてからも脳が起きた状態になってしまうと質の良い睡眠がとれません。

 

 

 

 

 

 

 

僕はテレビは全く見ないのですが、YouTubeは観てしまいます。笑

 

 

寝る前の楽しみの、YouTubeでバナナマンや東京03のコントを観ることはなかなかやめられません。笑

 

 

 

 

そのせいか、最近目覚めが悪いです。(-_-メ)

 

 

 

徐々に辞めていこうと思います。笑

 

 

 

 

 

 

また、どうしてもスマホをいじってしまう人には「Night Shift」という機能もオススメ!

 

 

f:id:g4n0323:20171210152922p:plain

 

 

 

これ、iPhone5s以降の端末でしか使えないようですが、

「設定」→「画面表示と明るさ」から設定できます。

 

 

 

 

この機能は液晶画面のブルーライトから目を守るための機能だそうで、時間を設定したらその時間になると液晶画面が暖色系の色に変わります。

(画面のように僕は20:00~6:00の時間で設定しており、20:00になると画面が変化します。)

 

 

 

目の疲れを軽減する機能なので、夜になるとこの機能を使うことをオススメします!

 

 

 

 

 

 

 

目の疲れを軽減し、脳への刺激を減少させることで質の良い睡眠の手助けになるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

寝る直前はブルーライトや照明をなるべく避けてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夜の食事は寝る2時間前までに済ませ、なるべく炭水化物を抜く

 

 

 

これも非常に重要だと感じています。

 

 

 

どうしても仕事が忙しくて帰りが遅くなった時、遅い夜ご飯になってしまい、そのあとすぐ寝てしまうなんてこと、結構あるんではないでしょうか。

 

 

 

 

 

僕も以前はそういうときがあり、空腹に耐えきれず食べてしまうんですが翌日100%後悔します。笑

 

 

 

 

 

 

 

けど、これは本当避けた方が良いです。

 

 

 

 

 

寝る直前に食べ物を体に入れるということは、睡眠の最初の大事な時間に消化するために胃袋が動いていることになります。これにより、脳が興奮状態になり、眠りが浅くなったりするようです。

 

 

 

 

 

誰でも起きた後の胃もたれや疲れを感じたことはあるんではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

個人的には特に炭水化物を取ってしまうと翌日本当に体が重いというか、お腹が苦しく感じる事があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

寝る直前の食事は極力避けましょう。

 

 

 

 

僕は最近、夜ごはんは食べないようにしてます。

 

これがまた朝スッキリするんですよね!

 

 

 

 

 

 

アロマディフューザーをたく

 

 

 

アロマの匂いが良い睡眠の役に立つということはよく聞きますよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな女子みたいなこと・・・・

 

 

と最初は僕も毛嫌いしていましたが笑

 

 

 

 

 

 

現在では寝る際のアロマディフューザーは手放せません!!

 

 

 

 

 

 

一番安眠効果があるのは、ラベンダーの香りだと言われてますが、僕は今柑橘系の香りのものを使用しており、柑橘系もオススメです。

 

 

 

 

 

 

 

まぁ、結局は一番は自分の好きな匂い、安心する匂いがいいと思いますが(^^)

 

 

 

 

 

 

寒くなり乾燥する冬になってきましたので、加湿機能付きのアロマディフューザーがぴったりではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

目覚まし時計はうるさくない音で、ベッドタイム機能を使う

 

f:id:g4n0323:20171210160551p:plain

 

これは、毎日同じ時間に睡眠が取れるように手助けしてくれたり、自分の睡眠を分析してくれたりする機能なのですが、何より重宝しているのが目覚まし音です!

 

 

f:id:g4n0323:20171210160732p:plain

 

この目覚まし音が、ゆっくりだんだんと音が大きくなるような設定になっているんです。

 

 

 

 

 

 

目覚ましってジリリリリみたいな音だったり自分が好きな曲とかに設定しているかもしれませんが、いきなり大きな音だと目覚めも良くなくなってしまいます。

 

 

 

 

 

このベッドタイムの目覚まし機能はだんだんと音が大きくなってくれる上に、癒される音ばかりで非常に心地が良いです。

 

 

 

 

僕は画像の通り「晴れ」という音にしてますが、これまた最高。

 

 

 

 

 

 

そんな静かな癒しの音なんかじゃ起きれない!

という人にも、音量自体はマックスまで設定しておけば、だんだんと大きくなって最終的には結構な大音量になるので、気づかないまま寝てしまうという心配はいらないんではないでしょうか。

 

 

 

ヒーリングミュージックをかける

 

 

YouTubeではいっぱいヒーリングミュージックがあります。

 

 

1時間から3時間くらいまでのものが主流で、それをずっと流しながら眠りにつくのです。

 

 

 

僕は特に波の音がお気に入りです!

 

 

 

僕がいつも使ってるオススメのチャンネルと曲を2つ下に貼っておきます。

 

https://youtu.be/mB77bkov-DQ

・大人のCH

 

https://youtu.be/9Wtf6_jYres

・すべてうまくいく☆

 

 

 

 

これをかけて寝ると本当に気持ちよく寝落ちします。笑

 

 

オススメです。

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

 

すでに知っているものも多かったかもしれませんが、僕が睡眠の質を上げる為に実践していることを5つご紹介しました。

 

 

 

・寝る前はブルーライトは避ける

・寝る直前の食事は避け、炭水化物抜く

・アロマディフューザーたく

・目覚まし音はうるさくないものを使う

・ヒーリングミュージックかけて寝る

 

 

 

睡眠は「最初の3時間」の質が全てを決めるのです!

 

 

朝起きて「眠たーい」「だるーい」「仕事行きたくなーい」にならないよう、色々実践してみてはどうでしょうか。笑

 

 

 

 

睡眠の「最初の3時間」の質を上げて、毎日素晴らしい1日を過ごせるようにしましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ではまた。

ざす。